日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 ほんとうにあった怖い話

という、テレビ番組が来週の火曜にやるみたいだ。


今日はその予告編みたいなもので、前に放送した分の話を昼に再放送していた。


話の内容は以下。

実家で暮らしている一人の女性の話。
家族が出かけていて、家には自分一人。
女性には婚約していた男性がいた。しかし、男性は事故で死んでしまった。
実家に一人でいた女性の周りで不思議な現象が起こる。
テレビが勝手についたり消えたり、冷蔵庫が勝手に開いたり閉まったり。
女性は、事故で死んだ婚約者がいるのだと確信し、出て行くように言う。
しばらくすると、家族が帰ってきていた。
けれど家族は自分の存在に気付かない。
そう、女性も婚約者の男性と共に死んでいたのだ。
それに気付いた女性はある事をする。
寝ている弟の部屋に入り、バイクの鍵を奪う。
翌日、弟はバイクがないという。これでは出かけられない。
そして弟はしかたなく外に出る。
すると、近所で事故発生中。
もしも、弟がいつもと同じ時間に出かけていたら、事故にあっていたのだ。
弟の目の前に落ちてくるバイクの鍵。
そうか、姉が助けてくれたのか、と弟は思う。
ふと見上げると、姉が立っていた。
そして何故か葡萄を食べていた。
姉は去った。婚約者と共に。(成仏した)


「これが私の、最後の夏の思い出です」


で締め。



これのどこが「ほんとうにあった怖い話」なのか・・・。

嘘じゃん!!!

しかも怖い話じゃないし。

という具合に、いきなりの嘘番組宣言。
いくら視聴者の目を惹かせる為とはいえ、嘘番組名は・・・。
これを見て、「こういう話が本当にあったんだけど・・・」
とか言う人は出てこないと思うが・・・。

そんな番組の続編は来週火曜に放送です。


ちなみに、話の内容部分に縦読みはありません。


励ましのクリックあると嬉しいです!!


↓こっちも優しくクリックよろしくです


スポンサーサイト

| 怖い話 | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 ついに、きた。

帰宅すると、家の前にゴミ袋が。

自分で置いたわけではないし、家を出るときは置いてなかった。
ということは、誰かが置いたということになる。

とりあえず暗かったので、家の中から懐中電灯を持ってきて、ゴミ袋を確認してみる。

むむ、干からびたレタス・・・。
ティッシュの箱、ヨーグルトなどなど。

これ、この前に出した僕の家のゴミじゃん。
でも、中身には僕の知らないゴミも入っていた。
あと、枯葉が入っていたりとよくわからない。

あさられた・・・。

頭に浮かんだ言葉はそれだった。
ああ、これが都会か。
陰険だ。

この場所に住んで7年、ついにこのときがきましたか。
まあね、前日の深夜にゴミを出してたりしてたからね。

しかし、不自然なところがいくつもあります。

まず、僕がゴミを出したのは先週の土曜日。
今日は水曜日
ゴミを出してから5日も経っている。

そして、僕のじゃないゴミが混ざっている。
あと枯葉も。
もう枯葉の時期って終わったのでは・・・?

僕の家の前に置いてあったのは、きっとゴミの中から請求書みたいのを探し出し、住所を特定したんだろうと考えられる。
でも違うゴミが入っているってのは、そのときに一緒に置いてあった違うゴミも僕のだと思われ一緒にされた・・・のか。

う~ん、怖い。
ちょうど明日ゴミの日なので今度はきちんと出しますが、こんなことが続くようだったら引っ越すかな。ついに。

いつの間にか2階の人も引越ししていて、気づいたら僕のアパート3人だけ。

まさか!
他の人もこんなことをやられて引っ越していったのでは・・・!!

とりあえず、今回は謎なことがけっこうあるので、皆さんの推理も聞いてみたいです。

真実はいつも1つか2つ!

・なぜ特に貼り紙もなく、家の前にあったのか。
・ゴミを出してから5日経っていた。
・知らないゴミが入っていた。
・この時期に枯葉が入っていた。


励ましのクリックあると嬉しいです


↓こっちも優しくクリックよろしくです




こういうときに防犯カメラが欲しいと思う。

| 怖い話 | 21:58 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 カレーライスと林間学校

暑いから怖い話します。

あれは僕が中学生の頃。
夏の林間学校の時でした。


夕飯の時間。
メニューはカレー。
僕、カレー大好きなんです。
絶対おかわりするぞ!って気合い入れて食べようとした瞬間。

「キャー!!!」

突然、教室内にいた女の子が叫びました。

「え?え?」

みんな、何が何だか分かりません。
そして、その子は震えて泣き出してしまいました。

先生が駆け寄り、落ち着かせます。
室内の空気は一気に重くなってしまって、僕はカレーどころじゃありませんでした。
あんなに気合いれておかわりしようとしていたのに、一杯も食べずに終了。

後から聞いた話によると、その子は壁を背にしていたらしんですが、壁から手が出てきて腕を引っ張られたそうで・・・。

まあ、その林間学校を実施した場所が山の中だし、古い建物だからそんなこともあるのかなと。
いや、ただのその子の気のせいかもしれないけども・・・。
この話には続きがあるんですが、それはまたの機会に。
書いてて思い出しちゃうから怖いです。

というか、この話って前にも書きませんでしたっけ?
気のせいですかね・・・。
それを覚えていないのが、一番怖いのかもしれない・・・。


クリックあると嬉しいです


↓こっちも優しくクリックよろしくです




今月は怖い話ネタで乗り切ろうかな。

| 怖い話 | 22:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 キャンプファイヤーの夜に

前回、続きはまたの機会に。
ということだったんですが、続きは早めに書いて完結させておこうと思い、続き書きます。


~あらすじ~

中学の頃の林間学校での夕飯の時間。
好物のカレーを前に、気合の入る僕だったが、一気に食べる気を失くさせてくれた出来事。
詳しくは前日の日記を読んでください。


と、いうわけで食事の時間が終わり、ざわめく室内。
小さい小人が歩いていたとか、よく分からない話になってきました。
ですが、実際は前回でも書いたように、壁から白い手が出てきて、腕を掴まれたというのが本当のところらしいです。

で、こういう事態が起こると、この年頃の子供たちは各々で怖い話を始めるわけです。
そこからは怖い話一色になってしまいました。

そして、数時間後。
林間学校といえば、キャンプファイヤー
近くの広場に生徒たちは歩いていきます。

その広場なんですが、森の中にあって、四方八方が高い木々に囲まれいて不気味な場所でした。
夜で真っ暗。
どこを見渡しても闇。
明るいのはキャンプファイヤーの明かりがある中心の広場だけ。
暗闇を見ていると、ぼぅっと人影見えてきそうな気さえもしました。
ただでさえ、食事中にあんなことがあり、更にはその後の怖い話づくめで神経過敏になっていたというのに・・・。

すると生徒の1人が

「あれ、人の顔じゃない・・・?こっち見てないか?」

と。

その生徒は、ソレがある場所を指差した。
木々のてっぺん付近。
空の方を。

いやいや、そんな馬鹿な。
そんな上空に人の顔があるわけないだろう。

が、人が集まってきて

「本当だ!!」
「キャー!!」
「半分しかない・・・」
「血だらけ・・・?」

などと、騒ぎ始めた。

どうせがそういう風に見えるんだろう?
そう思って僕もその集団の集まる場所へ行き、上空を見上げた。
月は、ある。
そして少し目線をずらし、木のてっぺんあたりを見たとき、僕はすぐに目を逸らした。

今、何か変なものが目に映った気がする。
もう見るの止めておいたほうがいいかも。
でも、ハッキリと見たいといえば見たい。

結局、好奇心に勝てず、僕はそのよく分からない物体を見ることにした。

それは、顔のようだった。
しかも、半分だけ。
目みたいのがずっと見ている。
血が流れているかのように、赤い色をしている。
しかも、風で木は動いているというのに、その顔みたいのだけは動かずにその場所にいる。
ただじっと、僕らを見下ろしている。
正直、不気味だった。

そこへ先生が来て、集まっていた生徒たちを掃けるよう指示した。

「先生、あそこに人の顔が・・・!こっちずっと見てるよ!」

「え?人の顔?なに言ってんの」

「本当だよ!あそこ見てよ」


そして先生はそこを見てみる。

「気のせいよ、ほら、キャンプファイヤー楽しみなさい。」

そう言うと、生徒たちをバラけさせた。
その後は僕たちは普通にキャンプファイヤーを楽しんだ。

キャンプファイヤーが終わり、その場所から帰るとき、僕はもう一度確認してみたくなって、さっきその物体があった場所を見た。
しかし、もうそこには何もなかった。

なんだったんだろう。
きっと山の神様だ!
と思うことにしないと怖かったので、そうした。


クリックあると嬉しいです


↓こっちも優しくクリックよろしくです




山ってすごいね。

| 怖い話 | 23:28 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。