日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 痔ろう(痔瘻)日記①~痔ろうになって切開した。

先週数日間寝込んだばかりだというのに、今度は違う病気になりました。


「痔ろう」


らしいです。


先週の体調不良から回復し、復帰第一日目のことです。
用を足した後、いつもの調子で拭こうとしたら激痛が走りました。


「いてえ!!」


思わずトイレの中で言ってしまった。
でもその部分にさえ触らなければ痛くもない。

きっとかぶれてるんだろ、と思いその日は気にせず放置。
2~3日すれば治るさ~と気楽な気持ちでいました。



が、翌日。



何だか座ったり立ったりするときに少し痛い。
もちろん肛門周辺が。

それでもそんなに気になる程ではなかったのでもう少し様子みるかな~って程度でいた。



が、そのまた翌日。



痛みは更に悪化
座ってもかなり痛いし、立つときなんてけっこう痛い。
更には、横になっても痛い。

一体、僕の肛門様はどうなってしまっているのだ・・・?
と気になったので写真撮りました。

すると、肛門様の左上が少し赤くなっていた。
ただ、赤いだけじゃなくて、ぷっくりと小さく、ほんとに小さく膨らんでいるような気がした。


さっそくネットで検索。

すると、「肛門周囲膿瘍」という単語が出てきた。

体の抵抗力が弱っているときなどに下痢などが肛門様出口にある1mmほどの穴に入り、そこから大腸菌が悪さをして、膿を形成していくと・・・。

しかもそれは薬とか自然治癒じゃ治らず、必ず切開して膿を出さないと痛みが引かないという病気らしい。


「やべえ、これかもしれない・・・」


確かに普段から下痢だけども、先週は吐いたりして体の抵抗力がかなり下がっていた。
それに加え、いつもよりも酷い下痢を何度もしていた。


「ドンピシャじゃねえか・・・」


ただ、必ずしもそういう状況だからなるわけではなく、「運」もあるという。
こういう時の運は人一番無い僕だから、きっとこうなったのだろう。

でも、ネットにある画像を見ても自分のとは似てないのばかり。
ネットにある画像はどれも酷いもので、どちらかというとグロ画像系である。

でもその中に1つだけ、自分の腫れ具合と似ている画像もあった。

もしかしたら違うかもしれない・・・。
僕は少しでも希望を抱きたかった。



更に翌日。仕事。



寝てても痛くて、何度も起きてしまった。
昼までは痛みあったが、前日よりは動けるから平気かなと思ったが、夕方になるにつれて悪化。
歩くのもけっこう痛くなってきた。
バイク往復1時間はけっこうな試練だった。

そして帰宅してもう一度写真を撮ってみた。


「は、腫れが悪化してる・・・!」


前日に撮った写真よりも3倍くらい大きくなっていた。

赤い彗星!?
だったらまだ良い。でもこの赤い腫れはシャアじゃない。

これは病院に行かないと・・・な。
人生初の肛門科。

肛門科ってあまり周辺にないんだよなー・・・。



で、翌日朝から病院へ。
もうバイクきつくてタクシーで駅まで行った。

前日の夜にネット上で問診票を作成して送っておくことができる病院だったので、最初の受付が早く終わった。
ネットって便利だわ。

診察を受けると、「痔ろう」だねと言われた。


「え!?」


それから痔ろうの説明を受ける。

「至急検査するから」と言われて、前日までの「きっとたいしたことないだろう」気分が一気に崩れた。
これって、けっこうヤバイんじゃ・・・!?

痔には3タイプあるらしく、それの一番酷いやつらしい。
なんでよりによって・・・。


検査内容は2つ。

・血液検査
・大腸超音波検査



血液検査はその場ではすぐに結果は出ず、数日後らしい。

超音波検査は大腸の様子をみるらしいんだが、これがつらかった。

親指くらいの太さの機械を肛門様から入れるわけですが、まず最初にヌルヌルしたローションみたいなのを塗る。
塗るって言っても、外側じゃなくて内側。
これがキツイ。
うめき声をあげてしまうほどに。

みんな大腸検査とかするとき、いつもこんな思いをしているのかと考えると、すげえなあと思う。
苦痛すぎる。

しかも塗って終わりじゃなくて、塗ってからが本番っていうのが、またつらい。

その機械を入れるコツは、いつも便をするように力むことらしい。
そうすると機械がスーっと入るらしい。

で、力んだ。

そして叫んだ。
その痛さに。

しかも入れてすぐ終わりじゃない。
その後しばらくその機械を回転させたりして中の写真を撮ったりするわけで・・・。

まだか・・・まだ終わらないのか、とずっとうめき続けた。
苦しいし痛いし・・・。

検査が終わった後は、少しの間座れなかった。

で、説明を受ける。
なるほど、確かに化膿している場所が黒くなっている。


「切開して膿を出します」


きたか・・・。
ついにきてしまったか・・・。

切開して膿を出してしまえば、腫れも痛みも治まるらしい。
が、不安なのが一度痔ろうになってしまうと、膿の道ができているわけで、再発する可能性があるということだ。

だから痔ろう治すには手術が必要とされているらしい。
もともと下痢気味の日々を送っている自分にとっては嬉しくない情報だ。

しかも手術代高いんだよね・・・。
貧乏な僕にはきつすぎる。


そして切開排膿をするために移動。

診察室前で看護士さんからいくつか説明を受ける。

今日は午後から仕事に行く予定だったが、安静にしないといけないとか。
入浴は明日の傷の再検査以降じゃないと駄目とか。
排便の仕方についてとか、出血や痛みについてとか・・・。

待つこと数分、名前を呼ばれて診察室へ。

もうすぐにベッドに横になり、麻酔。
もちろん、尻というか、肛門様近くの該当箇所らへんに局部麻酔。

これが痛い。
とてつもなく痛い。

しかも一か所じゃないから何度も痛みを味わうことになる。
5~6回痛みに耐えなくてはいけない。

もちろん、叫んだ。
痛すぎて。

体がのけぞるほど。

でも麻酔が効いたら切開も楽だろうと思っていた。

麻酔が効くまで数分放置された。
医師たちの談笑が聞こえる。

そして唐突に始まる切開。

痛い。
まじで痛い。痛すぎる。

さっきの麻酔も痛かったが、もっと痛い。
のけぞるとかそういうんじゃない。
もう体が逃げ出したくなって、看護士に体を抑えつけられるほど。



「あああああああああ!!!痛い痛い痛い痛い痛い痛い」



と連呼し続けるしかできなかった。
なんで麻酔してるのにこんなに痛いのかと。
麻酔ちゃんと効いてないんじゃないのかと。

切開が終わり、最後に痛み止めの座薬を入れるんだけども、それも痛い。
もう苦痛しかなかった。

膿を出すってイメージしてたのと全然違う。


「麻酔してるのにこんなに痛いんですか?」


と聞いてみたら、


「そうだよ。炎症を起こしているからね。でも麻酔打たないともっと痛い」


まじ、怖い。
ほんとにしばらく痛みの余韻で動けなくて、ベッドに横たわっていた。

んで、ガーゼとかナプキンとかしてもらって外で20分くらい座る。
座ることによって圧迫止血をするらしい。

そして最後に出血の様子を確認してもらって、会計。


いやー、まじつらかった。

圧迫止血しているときに、親と一緒にきていた今から切開すると思われる高校生(?)くらいの男の子がすげえ怖がってた。
分かるわ、その気持ち。超分かる。
口数増えちゃうよね。
でも静かにしないとね。

お会計は13000円くらいでした。
出費が・・・。


明日は傷の経過を見る為にまた病院行きます。


クリックあると励みになります





スポンサーサイト

| 痔ろう日記 | 16:39 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 痔ろう(痔瘻)日記②~結局、痔ろうの手術をすることになりそう。

「痔ろう」と言われ、切開排膿してから10日くらい経った昨日、
経過検査の為に病院へ行きました。


そう、ちょうど雪の日


バスは全然こないし、タクシーも通ってない。一般車も少ない。
振り続ける雪。風もあって横殴りに降る。

駅まで徒歩か・・・と思っていた矢先、バスが運よく来ました。
5台続けて。

あんなにくっついて互いの機体を暖めあっているなんて、微笑ましいですよね。
だから憎らしくてずぶ濡れた靴で踏み込んでやりました。


で、いつもの倍以上かかって病院へ到着。


思っていたよりも空いていて、すぐに診断してもらえた。
しかし相変わらず指が中に入ってくる感覚は馴染めない。
どうしても枕から頭が浮いてしまう。痛いし。


「力入れないでくださいねー」


って言われてもどうしても力んでしまう。
あれを気持ちよく受け入れられる人がうらやましい。


「あー、キモチイイ


って指が中に入ってきてもそう思える変態さんがこの時ばかりは羨ましい。


で、診断が終わると手術の話になった。
何で手術の話になってるの?
この前、切開して膿を出したじゃないか。
どういうことなの?
と疑問だらけになったので、聞いてみた。


「え?手術しないと駄目なんですか?」


「そうだね、痔ろうは手術して膿がたまっていたトンネルを塞がない限り完治し
ないよ。また再発するだろうし、癌になる可能性もある」



まじかよ・・・。
あんなに痛い思いして切開したのに今度は手術だと・・・?


「入院は7~10日くらいかな。それと退院しても三週間は遠出は控えてもらいます」


「えっ!?三週間ですか!?」


「そう、遠出してて何かあったら対応できないからね」


長いな・・・。
まあ、別に遠出するような用事はないんだけども。
いや、でも入院10日って長くないか?


「まず、手術する前にいくつか検査を受けてもらいます」


ということで言われた検査は2つ
・大腸内視鏡検査
・内圧の検査


この2つについては後ほど説明します。


とりあえず、手術は今すぐ決めれないので、後日ということになり、
まず先に2つ検査日程を決めることになった。


この2つの検査については別室で説明を受けた。
詳細の書かれた紙を渡され、詳しく話してくれた。
ついでに検査日程の予約もする。
同じ日に2つの検査はできないらしいので、一週間おいて検査をすることにした。

結果、3月中旬に2回ほど検査通院することになりました。

そして同意書を書く。
というか、もう同意書なんてあってないようなもの。
「じゃあ、特に質問がなければここに名前書いてください」っていう流れ。
検査費用は、6000~8000円らしい。


1つ目の検査である「内圧の検査」について。

簡単に言うと、肛門のしまり具合を調べる検査らしい。
検査前日に飲む薬とか、食事制限は無い。
が、病院で検査の前に浣腸をするらしい・・・。
嫌だわ~・・・。

この検査の痛みは全くありません、って書いてあったけど本当かどうか・・・。


問題は2つ目の検査である「大腸内視鏡検査」

こちらは検査前日と当日に色々制限がある。
前日の夕飯後に下剤を飲んだり、当日の朝6時に起きて、「ムーベン」とかいう薬(1500ml)を2時間かけてゆっくり飲んで、それに伴う排便が透明になるまで出し続けるとか・・・。

その後に病院に行き、検査が始まるみたい。
苦痛もなく10分くらいで終わると書かれているが、本当かどうか・・・。
怖いのは、内視鏡を大腸に入れたときに出血したり、腸に小さな穴があく場合があるとかないとか・・・。
その確率は極めて低い(0.012%)らしいけど、不安っすよね。

むしろそんな低い確率に当たってしまうほど運が悪いのなら、宝くじくらい当たって欲しい。
そうすりゃ入院日数とか別に気にならんし。


と、そんな感じに不安な日々を過ごしてます。
特に不安なのは費用です。
まじキツイ。
入院保険とかの保険に一切入ってなかったのが痛い。

これじゃあ医療費タダの生活保護の方がいいんじゃないか?
と思ってしまうほどに・・・。

あー、転職できるならしたい。
同じ「じろう」ならラーメン二郎の方が1000倍良い。

何でつらいほうの痔ろうになってしまったのやら。


クリックあると励みになります





| 痔ろう日記 | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 痔ろう(痔瘻)日記③~内圧検査を受けてきた。

暖かくなったり寒くなったり。
花粉があったりなかったり。

不安定な季節、3月。

先月からすっかり肛門科に染まってしまったわけで、痔ろうの話ばっかりです。
たまには肛門以外の楽しい話を書きたいもんです。



先日、内圧検査というものをしてきました。

【内圧検査】
肛門のしまり具合を調べる検査。


「っていう検査するんです」


って先輩に話したら、「ぶはっwwwwしまり具合wwwwwけつ乙wwww」
と草を生やされました。

確かに普通に聞いたらあれですよね。

でも自分的には不安。

検査方法としては、前日に飲む薬とか食事制限ないらしく、
検査の直前に浣腸するくらいとのことだった。

浣腸・・・だと・・・!?

浣腸なんてしたことねえよ。
怖いわーって思いながら病院いくと、


「今朝、便をしているなら良いですよ」


ということになり、浣腸回避。
でも緊張のせいで、すでに次の便が待ち受けていたがな!!


この内圧検査は、
先端に圧力測定装置の付いた2~3mmのカテーテルを肛門内に4~5cm挿入してゆっくり引き抜く、という測定をするもの。


痛みはない!


と断言されていたけど、すごく不安だった。
局部麻酔やら切開やら治療やらでいつも痛い目にあっていたので、
「痛みはないです」って言われても信用できない。

そうやって騙されてきたんだよ。
人間関係もな!!

ということで検査開始。
若めの女医さん。

変態さんならここで興奮しちゃうのかもしれないけど、そんな余裕は僕にはありません。

そして、カテーテル挿入。


「違和感はあるかもしれませんけど、痛みはないですから」


う、うおおお!!
ズブズブと入れられるときだけ、「お、おふうっ!」って感じになるだけで
確かに痛みはない。
まじでない。
良かった。本当に良かった。

ただ、中で動いているから違和感というか変な感じはする。
そして2分くらいかけてゆっくりそれが抜かれる。

これを5回くらい。

最後の2回は肛門さんに力を入れたり抜いたりして下さいと指示される。

そんで終了。

検査後はまた診察したんですが、そのときに医者に


「ここにハリガネみたいな管があるの分かる?」


って聞かれたんだけど、そんなの全然気づかなかった。
というか、怖くて触ってないですし・・・。


「じゃあ、来週の検査のときに入院日を決めましょうか」


と唐突に言われる。
やっぱ手術は不可避ですか・・・。
そうっすよね・・・。


入院が7~10日くらいで、自宅療養が2~3日程らしい。
もちろんしばらくはバイクで通勤とかできないし、通勤も電車やバスで1時間10分くらいって言ったら
「う~ん・・・そうかー・・・あんまし長い時間移動はなあ~」
って言われた。

他の痔ろう体験者の体験談とかをネットでいくつか読んだりしたんだけども、
完治までは数ヶ月くらいかかったりしている。
仕事も1ヶ月くらい休んだり・・・。

あと、とにかく手術後の痛みが半端ないらしい。
排便時はもう・・・なんていうか・・・ああああ。
読んでるだけで痛かった。
女性の生理用ナプキンみたいなやつも退院してからも使わないといけないみたいだし・・・。
肛門がゆるくなるみたいだし・・・。
ウォシュレットは必須らしいし・・・。うちにはウォシュレットなんてないし・・・。

不安ばっかしですわ。

そんな来週は大腸内視鏡検査です。
正直、今回の検査より色々つらいです。

あうあうあー(^q^)
です。


クリックあると励みになります





| 痔ろう日記 | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 痔ろう(痔瘻)日記④~大腸内視鏡検査を受けてきた①

先週の内圧検査の約一週間後。
今度は「大腸内視鏡検査」というものを受けてきました。

この検査、40代くらいから受けるのが一般的(?)らしいんですが、
比較的年齢の若い人が痔ろうとかになる場合、
もしかしたら原因が大腸の方からきている可能性もあるので、検査する必要があるみたいです。

さてさて、今回生まれて初めてこの検査を受けたわけですが、
感想はというと・・・けっこうキツかった。


まず、検査前日。


食事の制限はないが、消化の良いものを食べること、と紙に書いてあった。
おかゆ、うどん、食パン、白身の魚、赤身の肉、豆腐、卵が妥当らしい。

逆に控えてほしいのは、きのこ類、海藻類、しらたき、こんにゃく、とうもろこし繊維の多い野菜、玄米、五殻米、果物類・・・とのこと。

ちなみに僕の前日朝食は、ヨーグルトと食パン半切れ、牛乳。
昼食は、納豆2パック、唐揚げ2つ、野菜ジュース。
夕食は、おかゆ、ほっけ。

でした。

夕食後の午後6時~8時くらいに下剤「ラキソベロン」ってのを水に入れて飲まないといけないらしく、
帰宅後速攻で飯食べて少し休憩して、下剤飲んだ。

下剤の作用は個人差らしい。
色々ブログとかを拝見してたら、夜中とか翌日朝とかに便意がでるって人が多かった。

僕はというと・・・
飲んで1時間くらいで便意。
はやいわー・・・

そして夕飯後からは水、お茶系、スポーツドリンク、コーヒー、紅茶(ミルク・レモンは不可)しか飲んではいけない。
それを500ml以上は飲んで寝ないといけない。
でもそんなのは余裕っすわ。


翌日は朝6時から「ムーベン」という腸内を洗浄(?)する下剤みたいのを飲まないといけないので、
いつもよりも早く就寝。



―――翌朝、5:30起床。
シャワーを浴び、ムーベンの仕度。

水2リットルに粉を溶かし、その水を2時間かけて飲まなくてはいけない苦行ッ・・・!!

ムーベンをコップに移す。
1杯180ml。
2~3杯目までは1杯を15分かけて飲まなければいけない。

神経質な僕はそっとタイマーをセットした。

説明には、1リットルくらい飲んだところで排便が始まると書かれていた。

―――が、2杯飲み終わったところで便意発生。
早すぎだろ・・・自分。

そこからはもうトイレで飲んだり、戻って飲んで、またトイレ入っての繰り返し。
ちなみにムーベンの味は塩っぽくてレモン臭・・・。
1リットルくらいまでは余裕で飲めたんですが、それ以降がきつかった。
この味が口に残っていると気持ち悪くなって、口をゆすぎながら、嗚咽を堪えて飲んだ。
飲むスピードは徐々に下がっていった。
ついには1600mlでギブアップ。

1500ml以上は必ず飲んでくださいと書いてあったので、ノルマはクリア。

あとはトイレへ何回か駆け込み、計12回。
ちなみに、腹痛はないです。


「あ、何か出るかも・・・」


って感じでトイレに行きたくなります。

しかしあんな感じで出るんすね・・・びっくりの初体験でした。
そう、まるでホースの先を狭めて水を出す感覚・・・。
あれが尻から・・・しかも暖かい・・・。
ははは、と半笑い状態でした。

そして12回出すころにはほぼ透明になっていた。


「よし、いける!」


僕は颯爽と家を出て病院を目指した。

ムーベン飲んだ後は、歩いている途中でも便意を催すことがあるので怖い。
家から病院まで電車乗り継いで約30分。
その間に便意がきたら終わる。
色々と終わる。
そんな気がした。


でも何とかがんばって病院まで辿り着いた。

受付をすませて、用紙を渡されて移動。
お着替えタイム!!

身に着けていいのは、眼鏡、半袖か袖なし下着、靴下のみ。

そう、すっぽんぽんになれってことです。
事前に、検査した人のブログとかを調べたりしたら「寒いから靴下履いておいた方がいい」って書いてあったので、
タンクトップと靴下を装着。
そして検査用穴あきズボンを履き、検査衣を着る。(もちろん尻穴部分は隠れる)

さて、仕度が終わった・・・。
緊張するわ・・・。

座っていると名前を呼ばれた。


「今日は何回排便しましたか?」


「12回です」


「そうですか。じゃあ浣腸するんでこちらにどうぞ」



え?
浣腸?



今、浣腸って言った?
12回も排便してたし、もういいんじゃないの?
これ以上、ナニを出すっていうの?


「浣腸の前にトイレ行きますか?」


「あ・・・はい」



どっちにしろ浣腸は避けれないってわけか・・・。
トイレがたくさんに並んでいて、男女兼用。
浣腸をしたと思われる人々が入り乱れている。

この輪に僕も加わるのですね。



トイレを済ませ、ついに浣腸ルームへ。


「はい、じゃあここに寝てください、力抜いてくださいねー。お湯入れますからねー」


お湯!?


今、お湯って言ったよね?
自分が思っていた浣腸のイメージと違うんだが・・・。

そして差し込まれる。
どうしても力が入ってしまう。
侵入者を拒む当然の力み。

そして入ってくる温いお湯。
この感覚がすごく嫌だった。
お湯がお腹の中にたまっていく感覚が分かるのだ。


「うおおおあああ・・・」


と力なく叫ぶ。
痛みはないんだけどね、感覚がすごく嫌です。

お湯(1リットル)を入れている間に浣腸後の出し方について説明してくれているんだけども、耳に入らない。
かろうじて聞き取れたのは2分我慢しろ、とのことだけ。

どこかのブログに書いてあったけど、時計回りに数回ぐるぐる回って~とか言っていたらしい。
全然知らなかったわ。

で、トイレに駆け込む。
数えるけど無理。
もう無理。

そして・・・!!
1分もしないうちに諦め、放出。

放出した後は流してはいけないし、拭いた紙を入れてはいけない。
腸内が検査ができる状態かどうかを看護士さんが確認しにくるからだ。

ということは、拭いた紙はどこへ・・・?
そう、トイレ端にあるゴミ箱へ入れるんです。

前の人達の闘いの軌跡が残っている。
僕もそこへ入れる。
そして看護士さんを呼び、「まかないさん、OKでーす!」と許可を貰う。

苦しい闘いだったぜ・・・。
でも本番はこれからっていうのが萎える。

トイレ周りには何回も格闘して出している人達がいる。
自宅でムーベンとか飲めなかった人たちは病院で苦しむことになる。
どちらがいいのかは・・・その人次第っすね。


そして次はついに大腸内視鏡検査・・・


珍しく、つづく・・・!!


クリックあると励みになります









| 痔ろう日記 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。