日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 長野旅行記①~戸隠神社-宝光社-

車を走らせること3時間半。

長野にある戸隠神社(宝光社)に到着。


DSC08851.jpg


去年、ペルソナ4というゲームをしまして、その中にイザナギイザナミが登場するんですが、彼らに関係する天照大神
その天照さんと関係の深い「天の岩戸」。
今回の旅行はそんな繋がりで聖地巡礼も兼ねて、この地へとやってきました。


というのは、もちろん嘘です。
すいません、特に関係なく、たまたまです。


DSC08848.jpg


どうやら、戸隠神社というのは、
奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる神社らしいです。


で、最初に訪れたのは、そのうちの一つである「宝光社」


午前中ということもあってか、人はほとんどいない貸し切り状態。


DSC08858.jpg


宝光社について書かれています。


DSC08860.jpg


もちろん、神社内は禁煙でペットも禁止。


DSC08856.jpg


意外なことに、トイレがけっこう綺麗。
便座も暖かいんだぜ!?


DSC08861.jpg


神社へお参りする前に清めます。
心と身体を。


DSC08863.jpg


水は冷たかったです。
山って寒いな。侮ってた。

この階段を登った先に目的地である宝光社があるみたいです。


急な階段


けっこう急な階段。
運動不足の僕にこの階段が登れるのだろうか・・・。


応援クリックお願いします




←こっちも時々クリックよろしくです



スポンサーサイト

| 長野・戸隠 | 21:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 長野旅行記②~宝光社参拝

【前回までのあらすじ】
長野の戸隠神社にきた。最初は宝光社からですね。




DSC08877.jpg


ちょっとばかし長い階段を登ると目の前に現れたのは、雪。


DSC08884.jpg


まだ少し残っているようです。
そりゃね、山も寒いっすからね。

ふと地面を見ると、湧水が出ていた。


DSC08894.jpg


溢れてくる湧水。
あの人への溢れる想いは誰にも止められない。
周囲がやめろと促しても・・・。
そう、本人が過ちに気付くまで、とどまることを知らないッッ!!


そして、宝光社。


DSC08886.jpg


というか、マジで周囲に人がいません。
ここ、人気ないのか?
某パワースポットじゃないのか!?


まあ、いいか。


そして僕は宝光社への参拝を済ませ、横道へとそれる。
そこに現れたのは・・・


DSC08897.jpg


神の道、神道(かんみち)と書かれた標。


ゴクリ


一体、この先には何が待ち受けているのだろうか。


たいして期待せず次回へ続く・・・!!


ちょっとだけクリック




←こっちも時々クリックよろしくです



| 長野・戸隠 | 22:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 長野旅行記③~神の道

【前回までのあらすじ】
宝光社を見終わると、神道を発見。かつて神が通った道なのか・・・!?
新世界の神に俺はならないっ!!



DSC08899.jpg


どうやら、この神道を通っていくと中社へ行けるみたいです。
約1.4km。
微妙に遠いです、徒歩だと。


DSC08916.jpg


まだ雪が残ってますね。

焚火(?)の後?
何者かがここで暮らしていたのだろうか・・・?


DSC08919.jpg


切り裂かれた木。


DSC08918.jpg


人の仕業か、人ならざる者の仕業か。
その爪痕は見る者に恐怖を与える。


クマなどに注意・・・。


DSC08931.jpg


いつ建てられたものなのか、文字が霞んで読みにくくなっている。
何にせよ、注意はすることにこしたことはない。

厳かな神木。


DSC08925.jpg


見上げると、神々しい。
しかし、禍々しくもある。


DSC08927.jpg


この静かな場所を見守っているのだろうか。

しばらく歩くと、家が見えた。
しかし人の気配はない。


DSC08929.jpg


団欒の後が見受けられる椅子とテーブル。
そこにいたであろう人々はどこへ行ってしまったのだろうか・・・。

険しい木々の先に見える建物。


DSC08930.jpg


今は誰もいないようだ。
閉ざされたカーテンがそれを物語っている。

不自然に一部分だけ花が咲く場所があった。


DSC08941.jpg


この下に何かが埋まっているというのだろうか・・・・?


古い新聞紙が落ちていた。


DSC08943.jpg


日付を見ると・・・

昭和38年・・・!!

なわけはなく、平成19年。


誰かが捨てた空き缶。


DSC08946.jpg


その潰され具合から、憎しみの度合いが窺える。


消えゆく命あれば、芽吹く命あり。


DSC08944.jpg


人に忘れ去られた(脳内設定)この場所にも新しい命が誕生している。


やっと標が見えてきた。


DSC08950.jpg


あと少しで中社のようだ。


またしばらく歩くと、山道があけて、立ち並ぶ家が見えてきた。


DSC08956.jpg


しかし人の気配は無い。


魚を模した布が祭られていた。


DSC08953.jpg


ここで何かの儀式が行われていたのだろうか・・・?


ナンバープレートが剥ぎ取られた車。


DSC08957.jpg


なぜこんな場所に乗り捨てられているのだろうか・・・。


蜂の巣を発見。


DSC09010.jpg


人の気配のしない家に君臨しているかのように見える。
まさか、人喰い蜂・・・!?


まだ雪が残っている。


DSC09004.jpg


しかしこれは危険だ。
勢いよく上に乗ったら下に落ちてしまう。
そう、奈落へと・・・。


ガードレールが曲がっていた。


DSC09009.jpg


DSC09007.jpg


一体、どんな力を加えればここまで曲がるのだろうか。
まさか本当にここには人ならざる者が住んでいるというのか・・・。


壊れた橋。


DSC09006.jpg


向こう側に渡ることは叶わない。
つまり、もう逃げ出すことはできないということだ。

では、どこへ向かえば良いのだろうか・・・?


と、思ったら普通に道がありました。

人も普通にいて、のどかな場所でした。

たまにはこういう所もいいね。


次回は「中社」!!


何かを応援クリックよろしくです




←こっちも時々クリックよろしくです



| 長野・戸隠 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 長野旅行記④~中社

【前回までのあらすじ】
神道という山道を歩くこと20分。中社の入口に着いた。




DSC08966.jpg


先ほどの宝光社に比べたら、人出は多いです。
時間も昼時だからかな・・・。


近くにはタクシー乗り場も。
この中社の先の「奥社」という場所へ行く人が利用しているのかな。


DSC08971.jpg


もちろんですが、中社も禁煙、ペット禁止です。


DSC08972.jpg


DSC08973.jpg


でも中には、連れていく人もいる現実。


「なんで動物を差別するの!?人間ってそんなに偉いの?この子(ペット)は私の家族よ!!生類憐れみの令を知らないとは言わせないわよ!」


って声が聞こえそうだけど聞こえない。


そして、戸隠の三本杉の登場。


DSC08974.jpg


DSC08975.jpg


中社に行くにはまたちょっと階段を登ります。


DSC08979.jpg


あ、けっこう雪がまだ積もっている。


DSC08981.jpg


なんか建ててます。


DSC08984.jpg


新しい神でも降臨なさるのでしょうか。


絵馬もあります。


DSC08989.jpg


普通の絵馬です。
な、何かが・・・、何か物足りない・・・!


そうか・・・!
萌え要素が足りないんだッッ!!!


ここもいずれは、聖地巡礼の一つになる日が来るのでしょうか・・・。


戸隠神社(中社)を参拝。


DSC08987.jpg


参拝作法が細かく書いてあった。
この場所が某江○さんの紹介で、パワースポットと言われるようになる前から書いてあったのかな・・・?
それとも、後から付け足したのかな?

気になるところです。


そんなこんなで、お昼時。
さて、どこで食べようか・・・。

戸隠っていったら、蕎麦かな。


更に次回へ続く・・・!


パワークリックよろしくです




←こっちも時々クリックよろしくです



| 長野・戸隠 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。