日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 卑屈すぎて引くのかどうかは。

気づいたら9月も1週目が終了。

夏が・・・終わる。
およそ1ヶ月くらいの夏休みも終わったみたいで、朝の通勤中に学生が溢れてきました。


「ジャスト1ヶ月。いい夢見れたかよ?」


ban.jpg


なんていう台詞がどこからか聞こえそうで聞こえません。
聞こえたらそれ、邪眼だから。


夏が終わるということは、ひと夏の恋が終わるということです。

勢いに任せ、雰囲気に流されて流しそーめんのようになったり。
『どうしたら別れないで済むのか』を毎日考えて付き合っていたり。
あの人を「好き」だったんじゃなくて、恋してる自分が「好き」だったり。

色々なひと夏があったと思います。


ちなみに僕の今年の夏を卑屈的に書くと・・・。


「今年は海へ行きたい!」


よかったですね、僕は海なんて行ってません。


「今年は花火を見に行きたい!」


よかったですね、僕は花火なんて振動音しか聞いてません。


「今年は旅行へ行きたい!!」


よかったですね、僕にはお金がありません。


「今年は夏休みを満喫するだ!!」


よかったですね、僕は夏休みなんてありません。



という感じの夏でした。

でもエンジョイしてました!脳内で!

脳内で・・・脳内で・・・
なんて切ない響きなんだろう。

でも良いんです。
9月には大型連休があるのだから。

どうせなら一週間くらい祝日にしてくれも良かったのに!!



頻繁にクリックあると励みになります


↓こっちも優しくクリックよろしくです


スポンサーサイト

| 駄文 | 20:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 オニオンナイトはLv.99

日曜といえば買出し。
近所のスーパーへ行っちゃうよ!

一週間分の食材を籠に入れて、いざレジへ!

おっと、なんか創業祭してるよ。

なんか「ポイント貯めて商品券ゲットだぜ!」みたいなキャンペーンしてるみたい。


「現在、創業祭をやっておりまして、●●●カードをお配りしております!お持ちですか!?なければ無料でお作りいたします!」


夕方で混んでるにも関わらず、一人一人のお客さんに聞いている。
偉いね。がんばってるね!

そういえば僕もそのカード持ってなかったな。
せっかくだし貰おうかな。

そしてレジは僕の番。


「いらっしゃいませ~」


ピッピッピッ・・・


「●円になります」


僕はぴったり渡した。


「はい、ちょうどお預かりいたします。ありがとうございました~」


あれ?


キャンペーンのカードは?
もう無くなったのかな?

そして袋に食材をつめる僕。


「現在、創業祭をやっておりまして、●●●カードをお配りしております!お持ちですか!?なければ無料でお作りいたします!」


言っとる。
ちゃんと言っとるよ!

僕だけ・・・スルー!?

あ、ああ!
そうか。そういうことか。

あれだ。
そういえばそうだったじゃないか。
今までそんな経験たくさんしてきたじゃないか。

「なかったことにした」ってことか。

いやー、便利だよね。
なかったことにすれば全て解決だもんね。

実際あったことをなかったことにする。
実際いたことをいなかったことにする。


いやー便利だわ。
久しく忘れてたわ。

数年前は騙す、騙されるの毎日だったじゃないか。
最近、平和ボケしちゃってたのかな。
ははは・・・ははは・・・。


「どうしたんですか?大丈夫ですか?」


気がつくとオバチャンが僕にハンカチを差し出していた。


「えっ?えっ?なんですか?」

「いえ、その・・・泣いてらっしゃるから・・・」

「!!」


本当だ。
僕はいつのまにか涙を流していた。


「あ、ははは、違います。これ汗です。目から汗が・・・ははは、大丈夫ですよ。大丈夫ですから・・・」


僕は汗を拭うとすぐにスーパーから出た。

外はもう日が暮れていた。


「日が沈むのが、早くなったな・・・」


あれからもう10年―――。
全て良い思い出にして片付けたじゃないか。
そう、ケリはつけたんだ。

なぜ今になって・・・?


「おっと・・・」


段差に躓きそうになって、体制を少し崩した。


「こんな段差に躓くなんて・・・どうかしてる。今日は早く帰って飯食べて寝よう」

「あの・・・」


後ろから声をかけられた。


「これ、落としましたよ・・・タマネギ」

「え?ああ、すいません・・・ありがとうございま・・・」


僕は振り返って驚愕した・・・。
あの日々が、頭に流れ込んできた。


「お前・・・は・・・!!」


そして物語は再び、動き出さない・・・!!



頻繁にクリックあると励みになります


↓こっちも優しくクリックよろしくです



| 駄文 | 18:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 気をつかわないマイミクと、できる

けっこう前ですが、某mixiを見ていたら、新しい機能が追加されたみたい。

mixiapp2.jpg

気をつかわない・・・マイミクと・・・できる!?


「な、何を!?マイミクと何ができるんですか!?」


「一体なにが始まるんです?」ばりに僕は叫んでいた。
PCの前にパンツ一丁で座りながら・・・。

そして理解した。きっとナニができるんだろう、と。

まさに「なん・・・だと!?」だ。

今や、出会い系と呼ばれるほど出会い系として立派になった某mixiで、気を使わなくてできると言えば、もうそういうことなのだろう。

気をつかわないから後腐れなしでできる。
「今、誰とも付き合ってないし、一回くらいならいいか」みたいなね。


しかし某mixi・・・
さすが、と言うべきだろうか。
いまさら、と言うべきだろうか。

実際に僕の友人Aも某mixiで交友関係が広がり、あっちの交友関係も広がりんぐで夢も広がりんぐな人もいる。


「お前、それ全部夢なんだろ?お前の妄想話なんだろ?」


という僕の問いかけにも首を横にふるふる友人A。


「そう思うんだったらそういうことなんだろ、お前ん中ではな」


なんていうどこかで聞いたような台詞を吐き捨てられた。


「そんな言い方ってないんじゃないか?」

「そうか?おめでたい脳みそだなって思うけどな」

「どういう・・・ことだよ?」

「お前、昨日さ・・・某mixiで女の子からメッセージもらったろ?」

「!!な、なんでそのことを・・・!?」

「だからおめでたい脳みそって言ったんだよ。あれは俺が送ったんだ。女のふりをしてな」

「な・・・!!」


僕は言葉にできなかった。
女のふりをしてメッセージを送る?何を言っているんだこいつは?


「しかし傑作だよな。下心みえみえのメッセージが返ってきたときはPCの前で笑っちまったよ」

「こ、この野郎・・・!!」

「しょせん綺麗ごとを並べようと、そういうことなんだよ。まあ、俺も人のことは言えないけどな。マイミクになって繋がっているのはネット上だけじゃない、現実でもアレが繋がっているってことさ」

「き、鬼畜野郎が・・・!!」


友人Aがまるで別人に見えてきた。
こいつは・・・一体誰なんだ?
僕は一体誰と話をしているんだ!?


「何て言われようと別に否定はしないよ。でもこれが現実。皆、気づかない振りをしているだけさ。気づかないことにしておけば平和に楽しめるだろ?」


僕は我慢できずに、友人Aの襟元を掴みあげていた。


「なんだよ、離せよ。現実を教えてやっただけじゃんか。何ムキになってんの?」


僕は認めたくなかった。
今、こいつが話したことが本当だとしても、認めたくなんてなかった。


「クールになれよ」


その友人Aの一言で僕の思考は一気に加速した。


「すごいね、某mixi


「だろ?」



なんてやりとりはいつも通り全くなかったんですが、どうやら「アプリ」が遊べるみたいです。
気をつかないマイミクと。

あっぷりあっぷりだね。
テニプリの親戚かな、きっと。


頻繁にクリックあると励みになります


↓こっちも優しくクリックよろしくです



| 駄文 | 12:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 帰宅すると、ドアが無理矢理・・・

先週、帰宅すると、ドアが郵便物を食べていた。

そういえば、前もこんなことがあったような・・・。

今回は夜だったので写真はありませんが、食べていました。
草食系ドアとか肉食系ドアとか、そういうレベルじゃない。
紙食ってるからね。

まだ食い足りないだろうドアから郵便物を抜き取り、部屋へ。

そして開封。

2009091518330000.jpg


「え?何これ?」


一瞬何なのか分からなかったが、思い出した。
そういえば、かなり前に予約注文していたんだった。

これ、PERSONAのライブDVDです。


「え?ペルソナ?何それ?」


人の心の奥底にある「もう一人の自分」だよ!!

ではなく、ゲームっす。
ゲーム音楽のライブDVDっす。

要は、ゲーム内で使われている音楽や歌を生演奏でやっちゃおう!みたいな感じのDVDです。


「え~!?それってオタクくさ~い!きも~い」


なんて言われても、もちろんノーダメージなくらいに良い音楽です。
これくらいでキモイキモイ言われてたらやってられません。
今やオリコンランキング上位の半分はアニメ関係なんだぜ?

まあ、アニメとは違いますが・・・
ゲーム音楽も捨てたもんじゃないと再確認させてくれる音楽です。

実際、DVDを見てみるとライブはちょっと微妙かな…とも思ってしまいましたが、
一度はライブに足を運んでみたい気持ちはあるのです。

さてさて、世間は今年2度目の大型連休。
みなさん、美味しいですか?美味しくないですか?

というわけで、近々今年2度目の旅行記が始まる予定です。
毎回書くたびに回数が増えていき、「もう飽きた」と言われがちです。

それでも書く。

不況なんかに負けていられないように、不評にも負けない。

よろしくです。



頻繁にクリックあると励みになります


↓こっちも優しくクリックよろしくです




PERSONA MUSIC LIVE-VELVETROOM IN AKASAKA BLITZ- [DVD]PERSONA MUSIC LIVE-VELVETROOM IN AKASAKA BLITZ- [DVD]
(2009/09/16)
川村ゆみ、Lotus Juice 他

商品詳細を見る


| 駄文 | 18:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 横浜開港150周年

さりげなく行ってきました。

横浜開港150周年「開国博Y150」

ramasin.jpg

蜘蛛の機械が大きかったです。

見所?


特にありませんでした。(マジで)


DSC07014.jpg

天気は最高に良かったと思います。

hiko.jpg

それだけです。



強いて言うなら、

atui.jpg

中の人が暑そうでした。
ほんと、がんばっていると思います。

でも、中の人なんていないんだけどね。


時々クリックよろしくです





| 駄文 | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 嘘…だろ?2回目?今年2回目?

「大型連休だな~」

「そうですね」

「今年2回目だな~」

「そうですね」

「秋といったら、紅葉かな~」

「まだ紅葉には早いかなと」

「そうだ、京都いこう」

「え!?」


ということで、行ってきました。

hirosima.jpg

広島!!


京都には行ってません。


そんなわけで、次回から今年2度目旅行記が始まります。
コンパクトでインパクトにまとめたいと思っております。



時々クリックよろしくです





| 駄文 | 10:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。