日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 広島旅行記⑨~錦帯橋を舐めるように見る

【前回までのあらすじ】
100種類ソフトクリームに「なん…だと…!?」



100種類もあるというソフトクリーム店。
一体、メニューは・・・!?


100.jpg


ハバネロ!?
にんにく!?
カレー!?
わさび!?
お茶漬け!?


たくさんあればいいってもんじゃないだろ!


と思わず言ってしまいたくなる味たち。
いや、もしかしてこれはこれで美味しいのかもしれません。

勇気がない僕は食べませんでしたが。


観光案内地図が置いてありました。


kannkouannnai.jpg


ふむふむ、なるほど。
特に見るものはないかな。


ということでブラブラ。


namikimiti.jpg


ぶらぶら。


nodoka.jpg


ぶらぶら。


何かを見つめる子供。
その先にはバラのないバラ園。


bara.jpg


「こういう長閑なところもいいもんだな。都会にいるとビルばっかりでいけねえ。こういう気持ちって大切なんだな」


って思っているのか分かりませんが、子供が黄昏てました。
この齢で一人旅とは、かなりですね。

しばらく歩いているとこんな看板が目に留まる。


sinkannkaku.jpg


新感覚カフェ・雑貨!!!


何が新感覚なのか、あえて書きませんが、特に新感覚ではなかったです。



ふと山の方を振り返ると


yamanoueni.jpg


城が!

あそこにはロープウェイで行くみたいですね。


って、おい!!
佐々木!!
何してるんだよ、こんなところで!


sasakisan.jpg


どうやら、佐々木小次郎の所縁ある土地らしいです。

って、馬鹿やろう!!!


bakaisi.jpg


と言わんばかりの馬鹿石の店。


今度は橋の下に降りてみる事にしました。


hasinosita.jpg


おお~!
こいつはすごい。
思わず見とれてしまう作り。


hasinosita2.jpg


1本も釘を使わずに作ってあるとか・・・。
え?マジで?
すごいね人間。


ん?


何かあるな・・・。


botan.jpg


こ、これは・・・!!


botan2.jpg


一瞬で橋を破壊することができるという隠しスイッチ・・・!?


なわけはなく、来た方向へ橋を渡り、錦帯橋を後にしました。

ちなみに夜はライトアップされるらしい。


raitoup.jpg


みなさんの通行料が電気代になります。

バスに乗り、駅に着き・・・


daimyou.jpg


錦帯橋の模型を見て、電車に乗って広島駅まで。

そしてそこから次の目的地へと、新幹線に揺られていきます。


というわけで、続きます。
次が10回目です。
全然コンパクトにまとめきれていません。


クリックしてもらえると嬉しいす






スポンサーサイト

| 旅行 | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 広島旅行記⑩~秘め事な姫路

【前回までのあらすじ】
舐めるように錦帯橋を見た後、次なる目的地に進む。
気づいたら旅行記10回目。すいません。



新幹線に揺られ、京都、大阪を通り過ぎ・・・
着いた場所は


himejihe.jpg


こんにちは、姫路。


himejimae.jpg


というわけで、姫路に到着です。
初姫路です。
超初々しいです僕。

姫路といえば姫路城なんですが、今日はもう夕方なので明日見学をしようということに。

なのでホテルへ直行です。

チェックインしたらすぐにベッドに飛び込んでやるんだからねっ!!


tobikomu.jpg


そしてダイブする僕。
意識の奥底にもダイブしたい。

例のごとく、夕飯は出ないので駅前で探して食べる。
姫路駅前周辺って・・・そんなに栄えてないな、というのが第一印象でした。


一人で満席の店を回す店員さんがいる店もありました。
「食事提供に30~1時間かかります」
と言われた。


シルバーウィークで皆休んだんだな・・・。もしくはサボった。
それでも開店しなきゃいけない。
飲食系ってほんと心身的に重い。
僕はそこから挫折した一人です・・・。


どの店も混んでいたので、一番混んでなさそうな店を探してそこで夕飯。
たらふく食べた後はホテルへ戻り、ノートPCを借りてネット
家でやっていることと変わらない。
PC依存症と言われても否定できない。


けど否定する!!
お前のすべてを否定してやる!!


しばらくすると部屋のドアにノック音。


「餃子の王将があった。餃子を買ってくるから食べよう」


今、飯食べたばっかじゃないかーーー!!

なんて僕の意見はスルー。
結局買ってきた餃子を、僕も食べるのでした。



―――そして旅行3日目の朝がきた。


3kame.jpg


良い天気です。
気温もなかなか。


shatihoko.jpg


しゃちほこですら目と目を見つめ合いながら逢引しているというのに・・・!!
お前らときたら・・・!!


なんて思っていると


koushudenwa.jpg

公衆電話が語りかけてきた。


「おいおい、おいらの身になれよ」


こ、この公衆電話…頭に何か乗っけてやがる・・・!
辺りを見渡すと他の公衆電話もだ。
まさかこいつが今流行の姫路流ファッション!?
小悪魔agehaもびっくりってやつなのか・・・!?


頭に何か乗っけるのは小悪魔agehaだけだと思っていたが・・・。
僕はあまり目を合わせないように公衆電話に挨拶をした。


「よ、よくお似合いですよ、その髪型。あ、じゃあ僕は急ぐのでこれで・・・」


公衆電話は「ふむ」と一言言うと、満足そうな笑みを浮かべた。

そそくさとその場を逃げ出し、進むと見えてきました。


sirogamieta.jpg


姫路城!!


まだ門すらくぐってないというのに・・・
みんな写真撮りすぎだよ!!


torisugi.jpg


門の中にすら踏み込んでいないのにこの有様・・・
一体、中はどんな状態になっているのだろうか。


緊迫の次回へ続く・・・!!


クリックしてもらえると嬉しいす






| 広島・姫路 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 広島旅行記⑪~城を落とすのか、意中の人を落とすのか

【前回までのあらすじ】
旅行も3日目だし、姫路城に乗り込むことにした。



遠くに見える姫路城。


sirosura.jpg


ん?何か写真の下に何かいる・・・?


「ぷるぷる…ぼく悪いスラ○ムじゃないよぉ」


sura.jpg


そうだね。悪いスラ○ムじゃないね。
だから僕は特に仲間にしてあげることもなく門へ向かうことにした。


mon.jpg


門の前に看板があった。


jikan.jpg


なるほど、入城時間は16時までか。
思ったよりも早いかな。


しかしまだ9時を少しすぎたばかりだというのに人が多い。


ooine.jpg


門をくぐっても人が多い。

広場の横をとおり、入城口まで進む。


sakuratan.jpg


「さくらが疲れています。少し休ませてあげましょう」


看板にはそう伝え書かれていた。
この辺は春になると桜が満開になって、とても綺麗なんだそうだ。

春に来てみたいな。
出会いの春、別れの春、花粉症の春と言われる春に。

と、しみじみしていると後ろから声が聞こえた。


「さくらたん萌えー!」


いきなり「たん」付けかよ。
てか、さくらないじゃん。どこに萌えるんすか。
まあね、僕もお好み焼きを前にして「このみたん」なんて言っちゃうほど哀れな人ですけども、さくらがないのに「さくらたん」はないだろ。

もしかしてあれか?
某忍者漫画で「私、アンタのことが好き」って、いきなり告白するサクラに萌えなのか?
そんなんじゃ主人公にビッチ扱いされちゃうYO!


と妄想をするのも束の間、今度はこんなものが。


fumu.jpg


「さくらの根が踏まれて弱っています」


僕は聞いたことがある。
踏まれて喜ぶ人がいるということを。


つまりこの看板は、正しくは「さくら(という子に)根(という名の陰部)を踏まれて(変態が)弱っています」


ってことなのだろう。
意味ワカンネ。

あ、入城口発見!


nyuujousuru.jpg


ほんと、人が多いな~。
何時にきてるんだろう・・・?

しばらく並んで、ささっとお金を払って入城。
ここからが長いらしい。


noborukun.jpg


まじかよ・・・
長いのはこの旅行記だけにしてくれよ・・・


と思いつつ更に次回へと続く・・・!!


飽きてもクリックよろしくです







| 広島・姫路 | 19:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 広島旅行記⑫~近いけど遠い天守閣

【前回までのあらすじ】
姫路城までの道なりも長いけど、この旅行記も長くて飽きてきた。



姫路城までの道案内図を見てみる。


annnaizu.jpg


うん、よく分からない。
とりあえず道なりに行けば良いってことかな。

近いようで遠い城。


tookuni.jpg


恋愛と一緒だね☆


門は進むたびに小さくなっていきます。
敵の侵入を減らす作りになっております。


tiisaku.jpg


てか人多いな。

あ、ちょっと近くなってきた。(城に)
より親しくなれてきたかも・・・


dandan.jpg


と思って告白したら駄目だった、なんてことがよくあったあの頃。
問題は距離なんかじゃなかったんだ・・・。
それに気づくのは後々のこと。


と苦い思い出にふけっていると、井戸が!!


iwaido.jpg


周りにわらわらと集まっている。
子供たちが覗きこんでいます。


覗き犯罪を助長させるような井戸があるからいけないんだ!
井戸は即刻廃止しろ!



なんて声は聞こえないけど、僕も覗くことにした。


fukaiido.jpg


あ、ちゃんと安全的。
けっこう深いです。底が見えないです。


どうやらこの井戸、有名な「お菊井」らしい。
お皿の枚数が足りないと声が聞こえるというあの・・・。


城にも近づいてきたし、もう少しで到着かな、と思っていると


komidasu.jpg


な、並んでいる・・・!?
何これ・・・?


nanikore.jpg


天守閣まで普通に歩けばあと少しというところなのに・・・!!
この人だかりは何だい!


warattimau.jpg


混み具合に笑ってしまいますわ。
苦笑い。

待ち時間の看板を見てみると・・・


1jikan.jpg


い、1時間!?


いったいどこのディ○ニーランドだよ!!


なんて心の叫びもこの雑踏に打ち消されてしまうのですよ。
しかしこれはまだ始まりにすぎなかったのである。


うんざりしながら次回へ続く・・・!!


時々クリックよろしくです






| 広島・姫路 | 16:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 広島旅行記⑬~僕はム○カ大佐になったのかもしれない

【前回までのあらすじ】
ディズ○ーランドと思ったら姫路城だった。
何を言っているのかわk(ry



見上げれば、もうそこに君はいるというのに・・・


miagerutosiro.jpg


この現実。


masanitdl.jpg


そう、これが現実。


待ち時間が約一時間という苦難を強いられた僕は、時間経過と共に高くなる気温と日差しに参っていた。


「この先、水などの販売は行っておりません。トイレもありません。本日は炎天下となり・・・(略)」


先ほどからずっと繰り返されるアナウンス。
持参していた水も暑さで温くなっていた。


「ここはTDL、ここはTDLなんだッ!!」


と何度も自分に言い聞かせ、天守閣というアトラクションに乗り込むために耐えた。

そして一時間を過ぎた頃、やっと入れることになった。


hairuyo.jpg


待ち望んだ瞬間。
そして来た方角を見てみると


saraninarabu.jpg


更に混雑していた。
ははっ、もう笑えるわ。


mouhairu.jpg


入ってみると中は暗い。
そして、中でも列になっていた。

一体いつまで続くんだこの列は・・・。


nakamosugoi.jpg


もう見学とかそういう気分じゃない。
さっさと上へ行って、見て、帰ろう。
そう思い始めていた。

しかし最上階までが長くて長くて・・・。
階段登るのすら規制がかけられるほどの混み具合。

やっとこさ最上階に辿り着くも、この混雑。


saijoukai.jpg


窓から外を眺めてみても


narabisugi.jpg


人しかいねえ・・・!!

た、助けて・・・しゃちほこさん!


helpshatihoko.jpg


けど、しゃちほこさんは応えてはくれない。
「SaGa2秘宝伝説」のしゃちほこは話しかければ戦闘が始まるというのに・・・!!


shatihokohoko.png


そんなこんなで、最上階を満喫したのか分からないけども、あとは降りるだけ。
けど降りるのも混雑で時間がかかるっていうね・・・。

なんとか城から抜け出し、外界へ戻ってきた。
空気が・・・うまいぜ・・・。

入口が出口、ということで来た道を戻る。
いつの間にか昼だし!

城の外へ出て驚いたんですが、順番待ちの人たちがさらに溢れていました。

irigutitikaku.jpg


ま、まじかよ・・・


sotomo.jpg


おいおい・・・


warausikanai.jpg


一体どこまで伸びているんだ・・・?


warausikanai2.jpg


アナウンスが聞こえる。


「ただいまの待ち時間は3時間となっております・・・(略)」


やっぱここはディ○ニーランドだったみたい。


最後に広場で写真撮って帰るかな。
昼飯食べて駅に向かわないと帰りの電車に間に合わなくなってしまうからね。


hirobakara.jpg


広場から見る姫路城は綺麗でした。


次回、ようやく広島旅行記最終回
今回も長かったけど、某H×Hの休載期間よりは短かったと思うので勘弁してください。


たまに応援よろしくです






| 広島・姫路 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 広島旅行記⑭~旅行記書き終わったら年末だった

【前回までのあらすじ】
姫路城という名のTDLを後にし、帰り支度。
思ったよりも長くなった旅行記も今回で最終回。
でも、某ハンター漫画の休載期間よりは短いから大丈夫かな、とも思った。



そんなこんなで姫路城を後にし、昼飯にすることにした。
新幹線の時間も迫っているからね。


kagono.jpg


ささっと注文。


hirumesi.jpg


即、完食。

食べ終えたら駅へ急ぐ。


eki.jpg


あ~、休みってまじ一瞬だわ。
偉い人、どうか1日を48時間制にしてください。


姫路城がない方の反対口の駅前はオフィス街って感じでした。


ekihantai.jpg


ちょっと寂しい感じだね。


駅のホームに着くと・・・


siromieru.jpg


なんと!
ここから見えるというのですか。


日々、見たくもない人の心の汚さを見せられてきたけど、ここでは城が見えるんだね。
僕は少しホッとした。
見えるのが城で良かった・・・。


mierumieru.jpg


あ~、見える見える。
「みるみるー」って言ったら、城が透けて見えねえかなー。
そんなゴーグル落ちてないかなー。


と、妄想していると、新幹線登場。


kitayo.jpg


颯爽と現れやがって!!


そして颯爽と乗り込み、颯爽と姫路を去り帰路へ・・・。


颯爽と駆け抜けた広島旅行記14回目。
気づいたら12月近場ですいませんでした。


といわけで、次回からアレなブログに戻りますです。


気づいたら応援クリックよろしくです






| 広島・姫路 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。