日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 長野旅行記⑨~桜を見に行こう。城跡公園へ

【前回までのあらすじ】
旅行の1日目は戸隠神社へ。筋肉痛を伴い2日目が幕をあけた。



長野旅行2日目の朝飯は、ホテルでバイキング。
けれど客数に対してテーブル数が少ない為、並んでいた。


「もう少し時間をずらしてこよう」


ということで、いったん部屋へ戻りダラリとする。
そして30分後、もう一度行く。

しかしまだ並んでいる。
これがこのホテルの仕様なのか・・・!?
頼むよ!東急イン!

結局、しばらく並んで待つことにした。


朝食を済ませ、支度をしてチェックアウト。
痛めた足の方は・・・なんとかなりそうだ。


2日目の今日は、行く場所は一か所だけ。
高遠城址公園」という場所だ。

春は桜が満開で、さくら祭りで有名なところらしい。
その場所へあえて桜の時期が終わった5月にいく。
それがGWってやつだ!


DSC09119.jpg


駐車場、広い。


DSC09111.jpg


でも車がほとんどない。
これが桜の時期には一杯になってしまうんですね。

さくらまつりの提灯も霞んでみえるぜ・・・。


DSC09118.jpg


あ、少しだけ桜が残ってた。


DSC09116.jpg


がんばってるな、桜たん。

公園の入り口は解放状態。


DSC09123.jpg


そう、この先は何も縛られることのない世界。
自由の世界。

そしてそんな自由な世界を駆けるように、旅行記も次回で終わります。


時々クリック




←こっちも時々クリックよろしくです



スポンサーサイト

| 長野・戸隠 | 17:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 長野旅行記⑩~高遠城址公園、さくら祭りじゃない

【前回までのあらすじ】
長野旅行2日目は高遠へ。
さくら祭りも過ぎ去った場所にあるものは・・・。



解放状態の入り口をくぐると、緑。
ピンク色の花弁なんて、無い。


DSC09126.jpg


これが春先には桜が満開かー・・・。
ピンク色の花弁ばっかしになるのかー。
なんか言葉にすると卑猥だけど、混みそうだなー。

けれど今は5月。
人もほとんどいない。

この橋の上も桜満開時期には良い景色になるのだろう。


DSC09138.jpg


謎の軍手。


DSC09139.jpg


よく道路に軍手が片方落ちてたり、靴が片方落ちてたりしますけど、あれってそういうバイトがあるのかなって思いますよね?


「時給~円!誰でもできる簡単なお仕事です!週一からのシフトももちろんOK!」


みたいな感じで募集してたから行ってみると、軍手を落としたり、靴を落としたりする仕事だった・・・!
なんてこともあるかもね。

公園内を歩いていると、いつの間にか出口へ到着。
いったん外へ出てみる。

休憩所があった。


DSC09177.jpg


ほいきた!期間限定!


DSC09178.jpg


すりおろしりんごソフトクリーム!

座る場所は奥の方にあり、行ってみると良い景色が楽しめる。


DSC09184.jpg


のどか。
気温も適温。

山の方にはまだ桜が少しあるんだなー・・・。


DSC09188.jpg


そして来た道を戻り、また公園内へ入る。
さっきとは違う道を通って駐車場へ向かう。

車は増えていたけども、やはり閑散としている。
だが、それがいい。


DSC09191.jpg


今度は桜が満開の時に来てみたいな~と思いつつ、帰路へ。
長野旅行もこれにて終わり。

終わるときはあっさり!
まるで恋愛みたいだね!


次回からはまた殺伐とした空気が漂う日常ブログに戻ります。


がんばってクリック




←こっちも時々クリックよろしくです



| 長野・戸隠 | 12:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 カラオケでの両替え

駅前のカラオケ屋でのこと。


混雑している受付に、中学生か高校生くらいの子がやってきた。

「この156円を6人分に分けてください」

と店員さんに言った。

店員さんは、「!?」という顔をして、「・・・はい」と言う。

156円を6人分にする・・・つまり26円ずつに分けるということだ。
恐らく、割り勘のための両替なのだろうけれども、店員からしたら迷惑な話だ。

「すいません、面倒なこと頼んで・・・」

学生がそう言うと、店員さんは

「はい」

とイライラしながら答えた。

特に学生層が多いカラオケ店では、このようなことが日常茶飯事に起こるのだろうか。
そう思うと、店員さんも大変だなと思った。

確かに、きっちりお金の計算をして、きちんと振り分ける姿勢は大事だと思う。
お金のことはその場で決着をつけ、後に残さない、それは良いことだと思う。

けれど・・・。


その時、突然店員さんが声をあらげた。

「・・・っ!ふざけんな!!」

いきなりの怒声にその場の空気が止まる。

「156円を6人分にしろだと!?26円ずつに分けろって言うのかよ!今、こんなに混雑してる中、そんなことやれっていうのかよ!いくら学生が金ないからって、それくらいの金額あとで自分たちで何とかしろよ!!くそっ!」

「Aくん!落ち着いて!お客様の前でしょ

近くにいたもう一人の店員さんが、Aと呼ばれた店員を手で制した。

「なんだなんだ・・・?」と周りに人が集まってきた。
何人かの店員さんもやってきて、Aと呼ばれた店員を連れていく。

「すみませんお客様。今、156円を両替いたしますのでしばらくお待ちください」

「は、はあ・・・」

どよどよとざわめく周囲。

「ちょっと!さっきの店員なんなの!?あれが客に対する態度なの!?このお店、どうなってるの!?ねえ、あなたもあんなこと言われたんだから、なんか言ってやりなさいよ!」

ざわついていた客の中にいた1人が店員に文句を言いい、更に学生さんにも余計なことを言った。

お前、関係ないだろ・・・。ややこしくするなよ。
と思ったのだが、こうなってしまってはなかなか騒ぎに収集つかなくなってしまうのではないかと心配した。

ここで僕に何かできることなんて・・・ない。
僕がここで茶々を入れても余計に話が歪んでいくだけだ。
ここは傍観者になって、この場が収まるまで待つしかない。

「156円、両替してもらってきてよ」

きっとそんな何気ない一言から始まったであろう事が、こんなことに発展しようとは思わなかっただろう。

何が起こるか分からない。
カラオケは怖いところだ。


もちろん、途中から妄想です。


妄想クリック




←こっちも時々クリックよろしくです



| 駄文 | 21:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 PCモニターでPSPをしてみた

先々月、キングダムハーツ バース バイ スリープを買った。

2010042618410000.jpg

発売日に買おう買おう!と思っていたのだけど、何だかんで延びてしまい、やっと購入。
中古で3000円。

そして今回、PCモニタでPSPやりたいな~と突然思い、こんな物まで購入。

I-O DATA AVeL LinkPlayer「AV-LS300シリーズ」用 ディスプレイ出力変換ケーブル MA-D2AI-O DATA AVeL LinkPlayer「AV-LS300シリーズ」用 ディスプレイ出力変換ケーブル MA-D2A
(2006/12/31)
アイ・オー・データ

商品詳細を見る


バッファローコクヨサプライ Arvel AV延長アダプタ D端子中継 映像用 D端子ジャック:D端子ジャック DVDA03バッファローコクヨサプライ Arvel AV延長アダプタ D端子中継 映像用 D端子ジャック:D端子ジャック DVDA03
(2006/03/31)
バッファローコクヨサプライ

商品詳細を見る


・・・が、これは買って失敗

元々、D端子ケーブルは持っていたわけで、購入した2つを組み合わせることによってPCモニタにPSP画面を映すことは可能であった。

確かに、画面に映るには映る。
けれども、画面全体に緑がかって表示されるのである。
これは見にくい・・・。

そしてそうなることは、これら2つの物を購入するときのレビューにも書いてあった。
それなのに僕は、「うちのモニタは大丈夫だろ~」と根拠のない自信で軽率な行動をしてしまったのである。

なので新たに、PCモニタでもゲーム画面を映すことができるケーブルを購入。

PSP用PCモニタ出力アダプタ『モニタdeポータブルP3』PSP用PCモニタ出力アダプタ『モニタdeポータブルP3』
(2009/04/30)
Sony PSP

商品詳細を見る


株式会社ゲームテックから発売されている、「モニタでプレイ」

Amazonでは在庫待ちだったので、ゲームテックのHPで会員登録して購入。
思ったよりも早く届いた。

で、届いたケーブルを使ってさっそくプレイ。

「おお・・・!」

今度は綺麗に映し出された。
これでPCモニタでPSPができるようになったわけだ。

出費が多かったのが痛かったが、これで何とか楽しめる。
そしてその日はキングダムハーツに没頭。

しかしそれから数日後、ゲームをやる時間がなくなり、禁ゲームの日々。
暦も6月に突入。
最近、やっとゲームができる時間が取れるようになってきました。
なのでこれから少しやりたいと思います。


キングダムクリック




←こっちも時々クリックよろしくです


| ゲーム | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 ipadを見ている人を見てみる

先日、某ステーキ屋へ行った。

注文を終えてサラダバーを取りに行く途中、ipadをテーブルに置いているカップルがいた。

iPadスクリーンプロテクター アンチグレア機能付iPadスクリーンプロテクター アンチグレア機能付
()
broadwatch

商品詳細を見る


「ファミレスでipadだと・・・!?」

電車内で「どや?」顔でipadを広げていたら、引くわ~。
と言われがちなipad。

そんなipadをファミレスで広げいている人に出会えた奇跡。
僕はこの出会いを大事にしたい。


とは特に思わない。


さて、ipadで一体何を見ているのかな・・・。
とチラリズム的に見てみる。

そこには、Yahoo!JAPANの文字がっ!!

ファミレスでipad広げて見ているものがyahooのトップページかよ・・・!

なんだろう、この虚無感と脱力感。

手に取ったサラダバーをぶちまけてやりたい。
そんな気分になったのは僕だけじゃないはずだと思いたい。


いや、まあ別に何に使おうとも本人の自由っちゃ自由なんすけどね・・・。
なんだろう、このモヤモヤ感。


切ないクリック




←こっちも時々クリックよろしくです

| 駄文 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 王子とシンデレラと舞踏会

シンデレラにかけられた魔法は午前0時で解けてしまう。
だからその前に姿を眩ませる。

有名な話ですね。

で、ふと思ったんですけども・・・。


0時になったら帰ろうとするシンデレラを引きとめる王子様。

・・・0時・・・だと・・・!?

ってか0時だよ?
真夜中だよ?
そんな時間までやってる舞踏会って何?
しかも引きとめるってことは、「夜はまだまだこれからだぜ・・・!」みたいな。

舞踏会じゃなくて乱交PTだったんじゃないの?

なんて疑問も浮かんでくるよね。

「どうして貴方はいつもそういうふうにしか考えられないの?」

咎められる僕。

「いや、だってさ・・・ただ疑問に思っただけだよ。別にいやらしいことは考えてない」

「それは嘘。絶対に考えてた。考えてなきゃ乱交PTなんて卑猥な言葉が出てくるはずないもの」

「おいおい、待ってくれよ。乱交PTのPTはパーティーの略だぜ?マリオパーティーみたいなもんだよ?」

「意味わかんない。全然違うでしょ?マリオパーティーはみんなで楽しく遊ぶもの、乱交PTはみんなで楽しく・・・あれ・・・?」

「やっと理解したか。つまりそういうことだよ。みんなで楽しむってことだよ。つまりそれがPT(パーティー)さ!」


「そう・・・なのもかも・・・。卑猥な言葉って決めつけてたけど、言葉の内面を捉えてなかっただけなのかも・・・

「分かってくれると思ってたよ。つまりそれが賢いってことさ。アニメと聞くだけでアニメ=オタクという式を思い浮かべて距離を取ろうとする愚かな連中とは君は違うってことだ。いやー、嬉しいよ」

「ほんとに・・・良かったのかな・・・何か全然違うような気もするけど・・・」


というのを、キングダムハーツ バース バイ スリープをやっていて、ふと思いました。
いや、ほら、このゲームにシンデレラ出てくるからさ・・・。


シンデレラクリック




←こっちも時々クリックよろしくです


| 駄文 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 iphone 4を予約しに行ってみたが犠牲になった

iphone 4の発売日は6月24日。

i4.jpg


予約開始が15日。

つまり今日だ。

というわけで、予約しにsoftbankへ行ってきました。
仕事後に。

「予約開始時間は17時から!」
というよく分からない時間だったこともあってか、混雑していた。

現在待ち人数は・・・60・・・!?
すごい湿気漂うsoftbankショップ内。

それでも待ってみようと、チケットだけ発券して待つ。

しばらく待っていて気付いたのだが、何だか全然進まない。
カウンターで受け付けしている人も、なんか動いてない。

「どういうことだ・・・?」

予約待ちの人はどんどん増えていくというのに・・・。

そのとき、ショップ店員さんがやってきて、発券機のところに貼り紙をした。

【iphoneご予約をお待ちのお客様へ】
全国のショップで予約が殺到しているため、
システムが一切動作しない状態です。
システムの時間も午後9時までとなります。
本日中に予約が承れない可能性が十分にございます。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承お願い致します。


「・・・!?」

すぐさまネットで調べてみると、どうやら他の場所も同じらしい。
オンラインショップも落ちているとのこと。

18時40分を過ぎたのにこの状態。
今日中には無理なんじゃないか・・・?

このままこの場所にいると、殺気立った人々が現れ、うざったいクレーム劇を見せられるかもしれない。
今日は諦めて帰ろう。
ちょうど雨も降ってきたし。

しかし、こうなる事態がある程度予想できていたのに、konozamaなソフトバンク。
なぜ17時から予約開始だったのか。
帰宅ラッシュで客がどんどん増えていくだけじゃないか・・・。


はっ・・・!
まさか・・・元々、これが狙いか・・・。

これは必ずニュースになる。
さらに宣伝にもなる。
相乗効果で売上も倍率ドン!?

そうか、僕は犠牲になったのだ・・・。


もちろん、帰りは雨に濡れて帰宅です。


予約とは何だったのか?




←こっちも時々クリックよろしくです


| 駄文 | 20:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 iphone4の予約にもう一度行ってみる

先日は、システムダウンという結末で、予約を諦めて帰宅しましたが・・・。

今日はがんばって行ってきました。
夏日です。
気温めっちゃ高い。
人が多すぎて湿気がすごい。

そんな川崎駅。

どこかで、ラゾーナ川崎はすでに「iphone4の予約を締め切った」ようなことを聞いたので、とりあえず今回は先にヨドバシへ。

時間は18:30くらい。
softbankコーナーへ行くと、そんなに混んでなくて、店員さんに

「iphone予約したいんですけど・・・」

と言ったら、すぐにそのまま案内してくれた。

必要な書類(免許証とかクレジットカード)は持ってきていたし、プランも決めてあったので、15分くらいで受け付け終了。

ただ、受付する前に

「入手するまでに数週間かかってしまいますが、よろしいでしょうか?」

と店員さんに言われた。
もう当日に手に入らないことは分かっていた。
だから答えはもちろん、某エリカ様並に「別に・・・」と返事。

ひそかに囁かれている頭金が必要とか、Wプランが必須とか、そういうのはなかった。
店員がどのプランにするかを聞いてきて、それに答えるだけ。
留守電サービスとかも勧められるけど、断る。

流れてとしては・・・

免許証見せて、プラン決めて、ネットワーク認証パス決めて、固定電話番号書いて・・・。(携帯じゃなくて、固定電話番号じゃないと駄目だと言われた)

料金の支払い方法も決めた。(クレジットカード払いか、口座振替)

住所とかは、免許証見ながら店員さんが入力しておいてくれた。

iphone4が入荷してきたときの連絡先番号(携帯)も記入。
予約番号は「4xx」だったんだけど、「この番号順に受け渡しというわけではありません」だそうです。

店員さんの予約に際しての注意説明を受け、何度か署名して最後に控えを渡されて終了。

淡々と処理が終わった。

けれど、今日は予約ができただけで、当日また色々あるらしい。
支払いをクレジットカードにしたので、当日審査もあるらしい。
それによっては、申し込みができないこともあり得るそうだ。嫌な予感。

それと、当日の初期不良の場合は、在庫が店にはないので、数日間待ってもらうことになるということ、受取期間は受取可能日から3日以内らしい。

とりあえず、今回は予約できただけ良しというところだろうか・・・。

それにしても気温が急に高くなって溶けそうです。
7月に発売予定のスライムドリンクみたいにトロトロ。

torori.jpg



時々クリックあると嬉しいす




←こっちも時々クリックよろしくです



| 駄文 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 電車内での孤独

ガタンゴトンと揺れる電車内。
ふと、賑やかな声が聞こえる方を見ると、高校生のグル―プ。

男3人、女2人。


  
  

こんな風に座り、向き合って雑談していた。
ちなみに、左の男は隣に座っている女とカップルみたい。

途中の駅で、女の子が1人降り、違う駅で右側の男の子も1人降りた。


  

カップルと、男が残された。
するとカップルはイチャつき始め、独りになった男の子は、おもむろにipodを取り出して音楽の世界へ。

切ない。

僕は思ってしまった。
そう、日常ではありふれている光景なのだが、この空気はいつ見ても何だか切ない。

僕も昔はそういう場面によく出くわした。
飲み会の帰り、遊びの帰り、大勢で乗った電車も次々と皆降りて行き、最終的にはカップルと僕だけ・・・。

なんでカップルと最後までなんだろう。
なんでカップルはいつも最初の方で降りないんだろう。

と、よく思っていました。

でもそんなのは相手側にとっちゃ知ったことない。
むしろ、「こいつがいるとイチャつきにくいなー」「空気よめよなー」って思われていることだって有り得るわけだ。

もちろん、そんなのは僕の思いすごしでしかないと思うのだが、そうじゃないかもしれない。

そんなことを考えているうちに、いつしか僕は人よりも少し早く、もしくは遅く行動する癖がついてしまった。
そうやってワンテンポずらすことにより、1人気楽に電車に揺られることができるのである。

ipodで音楽の世界へとダイブしていったこの高校生のように・・・。

「1人だと気楽だわー・・・」

なんて思い始めてしまったあの頃。

「寂しい人ね・・・」
「可愛そうな人・・・」
「そんなんだからお前は・・・」


なんて声が聞こえてきそうだけど、関係ない。
そういう体験をほとんどしたことがない日常を送る人が、理解できるはずがない。

「1人ラーメン?1人カラオケ?無理無理無理っ!そんなのできない!

なんて言っている人にはそういう感覚はずっと理解することはできない。
いや、むしろ理解できない方が幸せなことなんだ。
僕はそれができなかった。
だからこうなるしかなかった。

そう自分にいつも言い聞かせていた。

「きっと今、お前も昔の俺と同じことを思っているんだろう?」

そう、独りになった高校生に聞きたかった。

「あ?思ってねーよ?イチャつきたいならイチャつけばいーじゃん。俺も後で彼女とイチャつくし」


リア充でした。


あれ・・・?
切ないのは・・・僕か・・・?


ということは特になかったのですが、駅で降りていくその高校生の背中が寂しそうだったのが印象に残っています。

思い過ごしだといいな。


たまにクリックお願いす




←こっちも時々クリックよろしくです

| 駄文 | 22:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 iphone4予約したけど連絡こなかった

先日予約したiphone4。
発売日の今日、特に店先から連絡がくることもなかったです。

淡々と起床し、淡々と出勤。
淡々と仕事をし、淡々と夕飯にラーメンを食べて帰宅。

確かに予約するときに「当日にお渡しができなくて、数週間かかるかも」と言われてはいたけども、発売日の当日くらい結果はどうだったのか連絡欲しかったな、と。

「1人1人に連絡してる場合じゃねえんだよ!物を売るってレベルじゃねえんだよ現場はっ!」

という感じに殺伐としていたのかもしれないし。

そういえば、
「次回入荷は未定!」
と、どこもかしこも言われているみたいだけど、今日からまた予約が再受付らしい。

先週予約した人に商品が行き渡っていないにも関わらず、予約を再スタートさせるってことは在庫の目途が立ったということなのだろうか?

まあ、分からないっすね。

後は適当に待つしかない。
乗るしかない!このビッグウェーブには乗れなかったけど、いいんす。

前回の時もこんな感じだったのだろうか?
予約するときにサーバーが落ちて予約できなかったり、入荷数が極端に多いところや少ないところがあったり、いつまでも入荷未定だったり・・・。

そう思うと、Appleやソフトバンクってけっこうずさんっていうか、適当な体制なのかな?

あ、でも適当なのはこの社会の仕組み全てか。


よろしクリック




←こっちも時々クリックよろしくです


| 駄文 | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 バス車内で中二病発言

「あ~、嫌だな~・・・。クラスの女子からも怖いと言われるし、クラス以外の女子からも怖いと言われるから自信なくしちゃったよ~」

バスに乗っていると、後ろの座席に座っている高校生の雑談が聞こえてきた。
どうやら部活帰りのようだ。

周りに怖いと言われることが嫌で、それにより自信をなくしてしまっているようだ。

「俺は怖くない・・・なのにみんな勘違いしてる。クラスの女子もクラス以外の女子もみんな言ってる・・・これじゃ俺はモテない。怖い俺、モテない」

こんなところだろうか。


だが。断言しよう。
それは「中二病」であると!!

なぜ、自慢話のように話すのか。
「嫌だ」と言っているのに嫌そうじゃないのは何故か。
本当にみんな言っているのか?

「える しってるか?俺は怖がられているんだぜ・・・!?」

ばりに上から目線。

その高校生は三人組だったのですが、あとの二人はツッコミが面倒そうでした。
「怖くないって」「大丈夫だよ」「気にするなって」

僕もツッコミたい!
誰か言ってやってよ!それは中二病だって!

そんなことを思っていると、


「きみ、それは中二病だよ」

僕の前座席に座っていた二十歳くらいの男性が突然立ち上がりそう言い放った。

「ぁえ?」

高校生の男の子は面を食らったような声を出した。

「きみはさっきから自分が怖がれるせいで自信をなくしたと言ったけども、なんでそんなに嬉しそうなんだい?嫌なんだろう?」

「はぁ!?あんた誰?うっせーよ」

「いきなり喧嘩腰かい。怖いね~。でもそんなんだから周りに怖いって言われるんじゃないかい?嫌なら直さなくちゃ」

「うっせーんだよ!てめーに関係ねえだろが。ボコられてぇのかよ?」

「おい、やめろよ」

友人二人が立ち上がろうとするその男子を止める。

「お客様、お静かに願います」

バスの運転手のアナウンスが聞こえる。

そしてイライラしたその男子はバスの壁を殴る。

「きみ、それは器物損害っていうんだよ?イライラしたら物に当たって、また怖さアピールかい?なんでそんなに自分が怖いっていうことをアピールしたいんだい?ヤンキー系はモテるとかいう都市伝説みたいなものかい?でも怖い自分が嫌なんだろ?意味が分からないよ」

「テメー、うっせーよ!」

また立ち上がろうとする男子を友人達が止める。

「テメーの顔、覚えたからな」

「ははっ。ありがたいねえ。こんな僕の顔を覚えてもらえるだなんて。でも僕は君の顔なんて明日には忘れちゃうけどね」

「んだと~!?」

徐々にヒートアップしていくバス車内。
いや、正確にはこの二人しかヒートアップしていないのだが。

もうすぐバスも終点なのだから、このまま何もなく降りたい。
が、これはある意味、僕の願望が起こした結果であるのかもしれない。

「中二病だってツッコミしてほしい。」
そんな願望がまさかこんなことを引き起こすなんて・・・。
何も思わなければ平和なバス車内だったかもしれないのに。


という、中二病的なバス車内妄想でした。


クリックあると嬉しいです




←こっちも時々クリックよろしくです

| 駄文 | 17:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。