日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 一向に良くならない体調に、「一向に構わんッッ!!」とは言えない。

久々の更新。

先月の近況報告から間隔空いてしまいました。


いやー、相変わらずの体調不良。
あの後、一週間くらいでやっと微熱やら喉の痛みやら鼻水などは治まって、眩暈も落ち着いたんですが、2週間前くらいからまた頭クラクラ感が・・・。

いや、正確には眩暈じゃないのかもしんないけど。

そんな体調不良の中、忙しくてなかなか病院に行く時間なくて、やっと今日帰りに行ってきました。
今度は違う耳鼻科です。

でも、


「検査したけど、眩暈の症状は出てない。メニエールでもない」


と。

前庭神経炎かは外からじゃ分からないから、大きい病院で詳しく検査できるけど、その検査したとして、


「まだ前庭神経炎ですねー」


って分かるか分からないかだけらしい。
というか、基本的に前庭神経炎だったら数日入院しなきゃいけないらしい。

まあ、確かにね。
ネットとかで調べても入院やら絶対安静やらって言葉ばかり。
しかも吐き気やら出るって書いてあったり。

でも全く吐き気ないんですよ。
食欲もあるし。

人間の三大欲求ありまくりっすよ。

そんなんだけど、動くと頭が揺れる感じになるんですよね。
そんでもってここ最近は、眉間の骨が痛いってのと、目の周りの骨が痛いっていうのと、頬骨が少し痛かったりと・・・。


「まだMRI資料見ないと分からないけど、蓄膿症の可能性がある」


と言われた。
うん、僕もそう思ってた。

色々調べたら、
眉間の骨、目の周りの骨、頬骨が痛いってなると、蓄膿症が当てはまるんですよね。
確かに風邪引いてるときは鼻水やばかったけど、今は特に・・・なわけで、医者も困ってしまったわけです。

とにかく、CTかMRIで鼻周りを撮らないことには分からないと。

それで蓄膿症じゃないなら、違う手段がとれるわけだ。

とりあえず、次はもっかいCTかMRI撮って、もっかい耳鼻科。
それで異常がなければ、次は・・・あそこだ。

ええ、あそこです。


ほんと、早く健康を取り戻したいですわ。


そんなわけで、
結局今回も近況報告になってしまった・・・。


これは、いかん。


「不健康な自分、可哀想でしょ!?」


みたいな感じをアピールしてるのは駄目だ。

「可哀想っていうか、それを通り越してもうカワイイよね

って言われるレベル。


ちなみに、フリーザ編で好きなザコキャラは「アプール」。
アピールと似てるよね。


ということで、こんなじゃいかんので最近あったちょっとした事を羅列していきます。


・傘を差していたら、壊れた。

ええ、壊れましたね。
雨がパラパラと降っていたので、傘を差したら傘骨にちょっと違和感。
閉じたら開かなくなる始末。
「くぱぁ」しない傘なんて傘じゃない。

あれこれ頑張っているうちに、ズボッ!と傘の先端が布を突き破りました。
ええ、俗に言う「開通式」ってやつです。
でも、俗な開通式と違うのは、もうこの傘は使えないってことです。


・バイクに乗っていたら、絡まれた。

ええ、絡まれましたね。
もちろん人ではなく、ごみに被せるネットにです。
曲がった瞬間に後ろに引っ張られたんですよ。
「なん・・・だと・・・!?」って久々に使いたくなってしまいました。
スピード出してなかったから良かったものの、出してたら危ないところでした。
というか、何故ゴミネットがバイクに引っかかるのかと。
そこが不思議。世界の不思議。
いつも曲がっているところなのにね。
懸命に絡まったネットを取る姿は周りからはどう映ったのでしょうか。

「あのバイク・・・網を機体に絡めている!?いや、網が機体に依存しているのか!?」

という風に映ったのかな。


・ハンバーグ丼が見つからない。

ちょっと前に某コンビニに行ったときに見つけた「ハンバーグ丼」。
食べてみたらけっこう美味しかった。
けど、それが最後だった。
もう彼に会うことはなかった・・・。
翌日に行っても、そのまた翌日に行っても、置いてある丼は、中華キムチ丼だけ。

「ここも支配されつつあるのか・・・」

と意味深な言葉を残し、その場を立ち去る一人の青年。
そんな青年の後ろ姿に哀愁を感じる僕。
ハンバーグ丼、また食べたい。


クリックあると励みになります


1クリック嬉しいっす!


スポンサーサイト

| 駄文 | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 結局、具合はだいぶ良くなった。が、しかーし。

いやー、だいぶ間が空いてしまいました。

あれからの具合はというと、だいぶ良くなりました。
頭のくらくら感は先週末から消え、
眉間の骨と目の周りの骨と頬骨の痛みは先々週末には何とかなりました。

「これがクラクラしない世界・・・!まるで別世界だ!」

と、改めて感動。


前回書いた耳鼻科の一週間後に脳神経外科にもう一度行き、もう一回MRIを撮影。
二度目だからあのうるさい音の中でも寝れました。


結果は異常なし。


なので、今回の撮影分と前回の撮影分をCD-ROMに焼いてもらいました。
今は便利だなー。

そしてその日のうちにもう一度耳鼻科へ。

さあ、見てやってくれ!
本日撮れたてのMRIですよっ!!

と意気揚々と提出したものの、


「ごめん、まさかそれで来るとは思わなかった。PCないから見れない」


と、言われてしまい落胆。
でもその時には痛みがだいぶ引いてたので、蓄膿ではないかな、ということになった。

ついでということで、鼻の検査をしてくれた。
その中で鼻の呼吸検査ってのがあったんですが、
僕の右鼻は平均よりかなり悪いらしく、手術を勧められました。

確かに高校くらいから右はずっと調子悪かった。
点鼻薬がないと苦しくなるくらい。
当時から右鼻は手術をした方がいいと言われてきたけど、逃避してた。
戦えない、現実となんて・・・。

それが今回、改めて言われたわけですよ。

「別に命の危険があるわけじゃないから今すぐしなくても良い手術だけど、この先何十年のことを考えたらした方がいいと思うよ

と。

ただ、一週間くらい入院しなきゃいけなくなるらしい。

それはまだ良い・・・。
問題は手術費と入院費ですよ。

こういうとき、低収入はまじ困る。
それすら金がない。
手術したとしても貯金が全て消える。
そんな低レベル。
これがマジだから笑えない。
でも笑うしかない。


「考えておきます・・・」


そう言い残し、僕は耳鼻科を去った。
僕は悔しさで涙一杯。

その後、一週間くらいはまだ頭のクラクラ感は続いたものの、あの超巨大台風6号が去った後に良くなった。

それでもまだは首が痛むし、目も眩しい感じするし、目の下に薄黒い点が2つ見えて、それが白い紙を見ながら作業するときに邪魔だった。

というわけで、次は整形外科と眼科に行こう!

と思い立ち、先週末にまず眼科へ。
混雑していて3時間かかった。

視力検査、眼圧検査、眼底検査を実施。
けれど異常なし。


「PCを見る時間を減らしてください」

「え・・・いや~・・・難しいっすね・・・」

「ですよね~・・・」



ってことで、疲れ目に効く目薬をもらって終了。

ここで初めて眼底検査ってのをしたんですが、すごかった。
これは瞳孔を開きっぱなしにして検査するんですが、そのためにまず瞳孔広げる目薬を差す。

そして20~30分経過して、瞳孔拡大を確認できたら検査を開始するわけですが、
どうやら一度の目薬では僕には効かなかったようです。
瞳孔が、拡大するのを、拒んでいた。

しかたなく、二度目の目薬。

そしたら効いた。
まず、だんだんと近くのものがぼやけてくる。
携帯の文字とか何にも見えない。
診察が終わって、外へ出たとき、太陽の光が眩しすぎて目を開けていられない。

「ああ、これが眩しいってことか。俺が感じていた、何だか眩しい感じがする・・・なんてチンカスだったんだな」

と。

その状態が回復するまで約5時間。
帰りにモスに寄ったものの、メニュー何にも見えないし。
眩しくて目を開けれないし・・・。
ちょっと興奮する体験でした。

「感覚を研ぎ澄ますしかない・・・!今まで培ってきた全てを・・・!」


ぐらい気合を入れないと歩くの危ない。
もちろん、運転とか無理。



―――と、そんな日々でした。


ずっと痛かった首辺りも、
今は首周りと肩周りにエレキバンを超貼りまくって、痛みが何とかなくなったような気がします。

結局、どこ行っても異常なしって言われてしまい、原因は分からずじまい。
暑さにやられていただけなのか、それとも別の何かか。

元々、いくつか医者へ行っても異常がないって言われたら、心療内科に行くしかないって考えていました。
今回は、風邪引いて、夏が始まって調子を崩してしまったわけですし、
自律神経失調症の疑いが今のところ一番強いのかなと。
前々から医者やら健康診断するたびに「自律神経が~」ばかり言われていましたし・・・。
胃腸弱いし。下痢多いし。


なので、次に今回みたく調子が悪くなったら心療内科に足を運ぶつもりです。
とりあえず夏は今からなので、がんばりたい。
夏休みに突入してJKが朝とかいないってのが少し寂しい気もしますが、がんばりたいと思います。


ここ数回は「具合悪いなう。」
な話ばかりだったので、次回は話題をガラリと変えたいと思います。

そう、次回は、「友人の友人のライブに行った時の話」です。
まじカオス。


クリックあると励みになります


1クリック嬉しいっす!



| 駄文 | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 おかしなライブハウスキャベツ空間。

友人Aに予てからお勧めされていたバンドのライブに足を運んだ。


そのバンドは友人Aの友人がやっているらしく、


「友達の友達はみんな友達だッ!」


なんていうこともなく、僕にとってはただの他人バンド。


「なんで友達って、友達の友達の話をしたがるんだろうね?」


という僕の疑問も華麗にスルーした友人A。
更には、一緒に行く予定だったのに、当日になって急遽一緒に行けない!というメール。


「まじかよ・・・これが土壇場でキャンセルってやつかよ・・・」


しかたがないので、僕は一人でライブハウスへ行くことに。
もちろん、友人Aには憎しみメールを送信。
するとすぐに返信がきた。

「憎しみはなんにも実らせねえ。かわいそうだぜ、まかない!」


って、とらみたいなことを言ってきたので、「シャガクシャ乙。」と返信。


そんなこんなでライブハウスへ到着。
もちろん、インディーズバンドだし、たいして人気ないだろうから空いているかな?って思っていたけど、意外と人がいた。

バンド構成は、ボーカル、ギターx2、ベース、ドラム、キーボードの6人編成。


そして僕はこの後、初めての体験をすることになる。
このバンドの斬新なパフォーマンスに驚愕と震えが止まらなかったんだ・・・。


まず、バンドメンバーと客席の位置が逆

そうなのだ、普段僕らが立っている場所にバンドメンバーがいて演奏している。
僕らはステージ上から彼らを見る、というスタイル。

意味が分からん。
だが、斬新。

あれ?俺らって何しにきたんだっけ?
何でステージにいるの?
何かやった方がいいのかな?

などと、混乱。
異質なライブ空間が生まれていた。

客なのに、ライブをやらされている感。
おかしな空気にアルコールを摂取していないのに酔った感じがした。

そして、ライブが終わりに差し掛かった頃、メンバーの一人が真ん中へやってきて何かを取り出した。


キャベツだ。


いや、意味が分からん。
どういうこと?何をする気なの?

だけども演奏は止まらない。

そしてそのメンバーはキャベツをむしり始めた。
しかも一つだけじゃない。10個以上だ。

おいおいおい・・・
僕は何が起こっているのか、正常な判断ができなくなっていた。
もしかしたら、これが普通なのかなって思ってしまいそうだった。

むしり取ったキャベツの皮が床に散乱する。
けっこうな量だ。
てか、なんてもったいないことをするんだ。
これ、抗議くるんじゃねえの?
ブログとかツイッターとか炎上しちゃうんじゃ・・・?

しかし、そんなことは心配無用とばかりに突然、床に散らばったキャベツの皮を食べだしたのだッッ!!!

しかも早い!
どんどん食べていく。
キャベツ好きな僕でもあの早さで食すことなんてできない。


「やべえ、この空間やべえ」


僕はもう「やべえ」しか言えなくなっていた。
こりゃ駄目だ。帰りたい。
そう思い立ち、僕はすぐにステージから降り、帰る仕度をした。
物販とかもあったけど、どうでも良かった。

外へ出るとまだ明るい。
それにしてもすごいバンドだったな・・・。


そう、そのバンドの名は――――



と、ここで夢が終了。


「もう朝か・・・月曜日が始まるのか・・・」


夢で良かったのか、良くなかったのかは分からない。
ただ、月曜日が始まるというのは事実だった。

異質なライブ空間という悪夢の次に始まる、今日がまだ月曜日という悪夢。
そしてそんな風に働くことを約40年は続けなくてはいけないという悪夢。

夏休み、せめて2週間くらい欲しいよね。


クリックあると励みになります


1クリック嬉しいっす!


| 駄文 | 13:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。