日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 便器の中へ逃げ込む、そして流れゆく

誰しも「追われる夢」というのを見たことがあると思う。
それは人であったり、獣であったり、または他の何かであったり。
そして追い詰められることがしばしばある。

そんなとき、どうするか。
追い詰められた場所がトイレだった場合はどうするか。

答えは簡単だ。
便器の中へ逃げる、である。

夢の中ならではの逃げ方。
今日僕はそんな夢を見た。

実は便器の中へ逃げるのは初めてではない。
もうかれこれ3~4回目である。

つまり、慣れているのである。


「便器の中への逃げ方?任せろよ。俺が指導してやるぜ!」(ただし夢の中だけ)


便器というのは、通常は糞尿を流すもの。
それは外に通じている。
ならばそれを使って外へ逃げることができるのではないか?(夢の中のみ)

今回、僕の場合でいうと、よく分からない変な人に追われていた。
そして最終的にトイレに逃げ込んだ。

このトイレ、実は毎回なのだが、昔住んでた家のトイレなのである。
幼少期を過ごしたその家の記憶がかなり残っているらしく、よく登場する。

鍵を閉めようとしてもしまらない。
いつものことだ。
僕は足を便器の中に突っ込み、水を流す。

けれど最初は失敗する。
うまく流れてくれないのだ。
人間を流すには水の勢いが足りないのか、もう一度貯水タンクを一杯にする。
そうしている間に追いつかれそうになる。

かなりの緊張感の中、もう一度水を流す。
僕は流れる。
下水を泳ぐ。
糞尿が見える。

でもこれで脱出できると思うと、一安心。
そんな夢。

もちろん夢だから汚くない。


ちなみに、前に見た便器の中に逃げる夢は、移動手段に使っていた。

2階から1階のトイレに行くのに、階段を使わずに便器の中を通って移動するという斬新な移動方法。
もちろんその逆も然り。

これも夢の中ならではの手段である。

便器の中に吸い込まれる瞬間が何というか、変な感覚なのである。


「あの狭い穴に人間が通れるわけないでしょ?」


普通に考えればその通りだ。
しかし、思い返していただきたい。
穴が狭ければ広げればいい、ということを。

そう、自分自身の生誕の瞬間を思い浮かべればそんな常識など打ち破れるのではないか?

僕達は、を通ってやってきたのだということを。
(何の穴かはここでは割愛する)


穴というのは、時に恐怖心を煽るものであり、時に神秘の象徴でもある。
けれど常識を打ち破ってこちらの味方にしてしまえば良いのである。(夢の中のみ)

そうすれば何かに追われていても回避することができるのだ。(夢の中のみ)
追い詰められた場所がトイレで、便器しかなくても絶望しないで。


まだ君の傍には穴があるじゃないか。
希望という名の穴が。


クリックあると励みになります


励ましクリックあると嬉しいっす!


スポンサーサイト

| 駄文 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。