日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 言葉の奥に助けを求めている

7月になったわけです。
2008年が半分終わったわけなのです。

そんな7月の1日目。

「私は会社が気分転換になる」

そう言いながらエレベーターから同僚と一緒に出てきた女性。

「それはすごいことだよ」

と、隣にいた男の同僚が言った。

確かにすごいことだ。
仕事場が気分転換の場所?
家は?プライベートは気分転換にならないのか。

ひょっとして彼女は助けを求めていたんじゃないのか?

「家もプライベートも最悪、気分転換ができる場所は仕事場しかないの・・・。」

そう言いたかったんじゃないのか?

と、考えながらも昼になり、僕はラーメン屋へ。

並んで待っていると後ろの男性が電話をしていた。

「すいません、僕の代わりの者に取りに行かせてもいいですかね?・・・はい、そうなんですよ。まだ高速の途中でして・・・」

ここはラーメン屋の前だ。
国道沿いの。

しかし彼は高速だという。
彼の目に映る世界は全てが高速のスピードで動いているということなのか?
だからついていけない、ということなのか。

ひょっとして彼も助けを求めていたんじゃないのだろうか?

「もう周りの目まぐるしく変わる環境についていけない。僕じゃ取り残されていくだけなんだ・・・」

そう言いたかったんじゃないのか?

と、考えながらもラーメンを食べ終わって帰る途中。
中学生3人組に出会った。

「お前にはこの先も関係ないことだから聞いても意味ねえよ」

そんな風に友人に言っていた。
友人をバカにしたかのような上目線の言動。
ひどい奴だな・・・。

けれど、ひょっとして彼も助けを求めていたんじゃないのだろうか?

「お前には俺みたいに染まらないで欲しいんだ。今のままでいてくれ。どれだけ社会が汚い世界であろうとも、お前はお前のままでいてくれ。そうしてくれれば俺は俺を感じることができる。世界に絶望しなくてすむんだ」

そう言いたかったんじゃないだろうか?
中学生のくせに、こいつぅ~!

そうやって言葉の奥に潜むものを考えると、混沌としたこの社会も少しは変わって見える気がする。

でも、気がするだけだ。


押してくれると嬉しいです



y05.gif

| 駄文 | 23:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

世の中は、助けを求めている人で溢れているんですね。
私も、ステキな殿方に守って欲しい・・・(切実)

| ともっち | 2008/07/02 00:43 | URL | ≫ EDIT

私も助け、求めてます。
私はストレートに言ってるつもりなんですけどね~(笑)

| 風子 | 2008/07/02 22:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://iroriron.blog56.fc2.com/tb.php/498-c90c64ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。