日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 いらないスキル

バスの後部座席って二人座れるようになってるじゃないですか。
空いてる時って、そこに一人ずつ座るんすよね。

で、そこが僕も含めて各席一人ずつで埋まったんすよ。


バスが進んでいく。
そして人が増えていく。
座りたい人は後部座席の方へ来る。

次々に席が埋まっていく。
でも僕の隣には誰もこない。

「相変わらずすげえぜ…人よけスキル」

我ながら惚れ惚れしてしまう。
悲しいけど思わず唸ってしまう。
そしてやっぱり悲しくて涙がぽろぽろ。
思ひ出もぽろぽろ。

普通にスーツ着てるはずの僕ですが、人よけスキルは衰えない。
電車の中でもそうだ。

なかなか人が隣に座らない。

マスクか?
マスクがダメなのか?

なんで前にいる男の隣には女の子が座るのに・・・!!
なんてくやし涙を飲んだこともしばしば。

でもいいんだ。
人が隣にこない・・・と気楽だ・・・し・・・。

あれ?
何これ?
涙?

ははは、まさか・・・ね。

「そのまさかだよ」

背後からの突然の声。

「誰です?」

「誰でもいいじゃないか。それより、ほら・・・涙が出ているぞ?」

「ち、違います。これは涙なんかじゃないです」

「じゃあ何だいそれは?まさか汗とでも言うんじゃなかろうな?」

「あ、汗みたいなもんですよ。別にあんたには関係ないじゃないですか。ていうか、誰なんですかあんたは?突然後ろから声をかけて。怖いんすけど」

「怖い怖い言うわりには威勢がいいな。まあ、それは怖いから威勢がいいのか。ただの強がりか・・・その涙と一緒だな」

「まだ引っ張るんですね、涙」

「せっかくだし、私の話を聞いてくれないか?人よけスキルを極めた、ある男の話を・・・」


その男の話は数時間に及び、一体僕は何をしているんだろうと思ったが、気づくと次第に目から大量の汗が溢れていた。


そして僕は、世界はまだまだ広いことを知って、明日から少し新しい気持ちで生きていこうと思った。



そんな冬の夜のお話でしたクリック




こっちも時々クリックよろしくです

| 駄文 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://iroriron.blog56.fc2.com/tb.php/645-188dd5ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。