日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 電車内での孤独

ガタンゴトンと揺れる電車内。
ふと、賑やかな声が聞こえる方を見ると、高校生のグル―プ。

男3人、女2人。


  
  

こんな風に座り、向き合って雑談していた。
ちなみに、左の男は隣に座っている女とカップルみたい。

途中の駅で、女の子が1人降り、違う駅で右側の男の子も1人降りた。


  

カップルと、男が残された。
するとカップルはイチャつき始め、独りになった男の子は、おもむろにipodを取り出して音楽の世界へ。

切ない。

僕は思ってしまった。
そう、日常ではありふれている光景なのだが、この空気はいつ見ても何だか切ない。

僕も昔はそういう場面によく出くわした。
飲み会の帰り、遊びの帰り、大勢で乗った電車も次々と皆降りて行き、最終的にはカップルと僕だけ・・・。

なんでカップルと最後までなんだろう。
なんでカップルはいつも最初の方で降りないんだろう。

と、よく思っていました。

でもそんなのは相手側にとっちゃ知ったことない。
むしろ、「こいつがいるとイチャつきにくいなー」「空気よめよなー」って思われていることだって有り得るわけだ。

もちろん、そんなのは僕の思いすごしでしかないと思うのだが、そうじゃないかもしれない。

そんなことを考えているうちに、いつしか僕は人よりも少し早く、もしくは遅く行動する癖がついてしまった。
そうやってワンテンポずらすことにより、1人気楽に電車に揺られることができるのである。

ipodで音楽の世界へとダイブしていったこの高校生のように・・・。

「1人だと気楽だわー・・・」

なんて思い始めてしまったあの頃。

「寂しい人ね・・・」
「可愛そうな人・・・」
「そんなんだからお前は・・・」


なんて声が聞こえてきそうだけど、関係ない。
そういう体験をほとんどしたことがない日常を送る人が、理解できるはずがない。

「1人ラーメン?1人カラオケ?無理無理無理っ!そんなのできない!

なんて言っている人にはそういう感覚はずっと理解することはできない。
いや、むしろ理解できない方が幸せなことなんだ。
僕はそれができなかった。
だからこうなるしかなかった。

そう自分にいつも言い聞かせていた。

「きっと今、お前も昔の俺と同じことを思っているんだろう?」

そう、独りになった高校生に聞きたかった。

「あ?思ってねーよ?イチャつきたいならイチャつけばいーじゃん。俺も後で彼女とイチャつくし」


リア充でした。


あれ・・・?
切ないのは・・・僕か・・・?


ということは特になかったのですが、駅で降りていくその高校生の背中が寂しそうだったのが印象に残っています。

思い過ごしだといいな。


たまにクリックお願いす




←こっちも時々クリックよろしくです

| 駄文 | 22:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あぁーそれは切ないですね

でも、自分はそんなの関係なくガンガンカップルに話しかけます。あれ・・・・これはこれでただ単にKYな奴・・・

そんなことありませんよね?

最後の『リア充でした』の一言に笑わせていただきましたw

| ユースケ | 2010/06/22 21:05 | URL |

ユースケさん>

ガンガンいこうぜ!
くらいにガンガンいっていいと思います。
友人達と一緒にいるのに二人の世界を作るカップルがいけないのです。

| まかない | 2010/06/23 12:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://iroriron.blog56.fc2.com/tb.php/687-7bc4a953

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。