日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 ランジェリーショップを指差す少女

先日、エロティックなランジェリーショップの前を通ったときのこと。

前から母親と手を繋いだ2~3歳くらいの女の子が歩いてきた。
その子は、ランジェリーショップの前にあるマネキンさんを指差して一言、


「ママー、あれ、やりたい」


あれを・・・やりたい・・・だと!?

あの下着をつけたいってことか!?

あんな過激なセクシーブラをつけたいってことか!?


どこからどう見てもまだ子供じゃないか。
それともこの世界の基準は変わったのか、僕がおかしいのか?
もしかして僕はこの時間軸の人間じゃないんじゃないのか!?


いくつもの考えが浮かんでは消え、また浮かんでは消えを繰り返していた。

混乱した頭でも、分かっていることは一つ、


最近の2歳児は下着にもこだわる!!


おそろしい・・・。
げに恐ろしき世の中よ・・・。



いや、だが待って欲しい。

少女はブラをつけたマネキンさんの方を指さして言った。

もしかしたら、
「あれ、やりたい」というのは、
「あのマネキンを、殺りたい」ということなのではないだろうか?

マネキンのくせに、何ド派手なブラジャーつけてんだよ!
あんたらマネキンは成長できない。
けれど、私は成長過程。
そしてあんたらマネキンは動けない。
けれど私は動くことができる。


「あんたらマネキンが、私に勝てる要素が一つも見当たらない。ただ、そう・・・現段階で一つだけ勝っているとする点があるならば、それは・・・セクシーブラをつけているということだッ!!どういうことなのか分かるな?お前を殺ってそのブラを私が有効的に使ってやるってことだよッ!ヒャッハーッ!」


少女の目がカッ!と見開いた。

そして母親の手を払い、一直線にマネキンに向かっていった。


ような気がした。


しかし母親はそんな少女の言葉を無視して歩く。
そう、母親だって分かっているのだ。
まだ子供にはブラは早いって。

ただでさえ変態さんの多い世の中、2歳児がブラなんてつけてたら何が起こるか分からない。

ランジェリーショップの前を通り過ぎる親子、
ランジェリーショップの前を通り過ぎる僕、

2つの運命が交差することはなかったけども、更に分かったことがあった。


そう、そのランジェーリーショップの入口にはキティーちゃんのガチャガチャが置いてあったんだ・・・。


「これを、指差してたのか・・・」


だよね。そりゃそうだよね。
ランジェリーショップで子供の目を引くものなんて・・・これだよね。

僕は胸をなでおろした。


「よかった、今日も世界が平和で・・・。僕が狂っていたわけじゃなくて・・・」


去っていく親子。

その瞬間、少女がこちらを見て「ニヤリ」と笑ったような気がした。


僕はゾクリとして、


「まさかあの少女・・・見据えていたのか・・・?未来を・・・!?」


なんて、これから何か物語が始まりそうな気がしたけども、そんなことも特になかった。



クリックあると励みになります!!


↓こっちも優しくクリックよろしくです


| 駄文 | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://iroriron.blog56.fc2.com/tb.php/731-c296aea6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。