日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 痔ろう(痔瘻)日記⑩~入院2日目・手術当日(後編)

【あらすじ】
イボ痔もキレ痔も便秘もなかったのに、ある日痔ろうになってしまい。
入院して手術することになった。
手術は終了したものの、ある不安が一つ・・・。




【入院2日目・手術当日(後編)】



さて、手術は終わった。
1つの不安がこれで取り除かれたわけだ。


しかしここで次の不安が1つ。


放尿である。


手術が終わったのが14:20くらい。
水を飲めるようになるのは術後4時間経ってから(しかも少量。ここでストローが役立つ)

手術が終わってからの数時間は早かった。
麻酔が効いているのに眠気も特になく、苦痛であった。
時々、一瞬眠りに落ちるものの、すぐ目を覚ますということの繰り返し。

こうしている4時間が経ち、水を口に含んだ。
もちろん寝ながらストローを使って。


18:00
一応夕飯がでる。
ゼリーみたいなやつだけだ。
それも2口くらい口に含む。特に食欲はない。


19:00
面会時間が終わり、付添いの家族たちは帰っていった。
19:30くらいに看護師さんがやってきて、


「寝るまでに小水がでなかった場合が管を入れましょうね」


管・・・!
つまりカテーテルか・・・!

おぞましいッ!!
あれだけは避けたい。
あの激痛だけはもう体験したくない。

10年前にカテーテルをしたことがあるのだが、その記憶が呼び覚まされる。
思わず叫んだあの痛み。あのときは個室だったけど、今回4人部屋だからな・・・。

しかし21時までに出なかったら、だなんて早すぎる。
手術からまだ7時間くらいしか経ってないってのに・・・。

まあ、手術前から点滴で1リットルくらい水を入れているとは言ってたし・・・。
出てないと腹がパンパンになるって言ってたし・・・。
それでも手術前に数回トイレいったから残り800mlくらいじゃないの?駄目なの?


そして放尿への挑戦が始まる。

術後は腰椎麻酔が効いている為、翌日の朝まで体を起してはいけない、寝返りはOKという条件下でしなければいけない。
なぜそんな状況下でしなければいけないのかというと、
腰椎麻酔の副作用で2~3日経ってから激しい頭痛や眩暈が襲ってくる可能性を防ぐためらしい。
けっこう厳しい条件だよね。

小便をするときって、肛門に力を入れるので、
まだ麻酔が効いているうちに出さないと、けっこう痛いらしい。

確かに今は痛くない。
しかし寝ながらというのがつらい。

尿瓶とかなんて全然恥ずかしくない。
とにかくがんばる、何度も、何度も・・・!

しかし一向に出そうで出ない。
この体制がいかんのか?
普段寝ながらなんてしないから脳が出させてくれないのか?

立ち上がれば出るような気もするんだが・・・。
でも駄目。
それはいかん。
なんとかがんばって寝たままで出すしかない。


20:15
幾度の闘いの末、ついに・・・放尿。
100cc。
100ccでも出たには変わりない。
これでカテーテル回避や!!

僕はすぐさまナースコール。
看護師さん登場。


「お腹、張ってる感じありますか?」


正直、分からん。
張ってるのか張ってないのか・・・。
だが答える、


「張ってませんね」


カテーテルの恐怖を回避するためにはこの返答しかない。


「そうですか・・・じゃあ、また出たら教えてください」


そして去っていく看護師さん。

よーし!
あとは寝るだけ。
ほとんど寝てなかったので、21:00の消灯を過ぎたら急激に眠気が襲ってきた。

これならぐっすり寝れそうだわ。


しかし苦しみはまだまだ続くのだった・・・!


23:30
21:00に眠りについた僕は、尿意で目覚める。
2回目の放尿は1回目よりもすんなり出した。
また100cc。そんなものか。貴様の尿は。

すぐナースコール。


「今度出たら、尿瓶に入れておいたままでいいですからね」


と言われた。

さて、すっきりしたので寝よう、と思ったものの、寝れない。
いつの間にか麻酔が切れてしまったのだ。

そういえば両端の痺れも消えている。

そしてずっと右向きで寝ていたために、右尻部分の骨が痛い。けっこう痛い。
これは体勢を崩さないと、ということで寝返りをうとうとした瞬間・・・


「いてええ!」


背中に刺さってた硬膜外ブロック麻酔の針が痛くて寝がえり打てない。
しかも仰向けで寝れない。
何ということ・・・。
このまま右を向いた姿勢で朝まで・・・?
せめて起きあがることができたのなら・・・。

そして手術跡の痛みも増してきた。
痛い。こりゃ痛い。
けど何とか我慢できるわこの痛みなら。


問題は背中の痛みと右尻骨だよ!


最悪なことにお腹の中にガスも溜まり始めた。
お腹の中がボコボコいってる。

なんということ・・・!
普段なら放屁として体外に出すことができるというのに、痛みが酷くて出せない。
どんどんたまっていく・・・。

がんばって仰向けになってみる。
背中が痛い・・・。
1分くらいで限界。
すぐにまた右向きになる。

しばらくするとまた右腰骨が痛い。
寝れない。
iphoneがあって良かった・・・。
少しでも時間つぶしができる。
それでも朝までが長い。
そしてガスも溜まる。

ガスがたまると便意が催してくる気がする。
でも普通は1日目、2日目は便がでなくてもOKらしい。
手術前に腸の中を空っぽにしているはずだから。

6:00
そして苦痛の約7時間を耐え、やっと朝。
外も明るくなってきた。
この明るさを僕は待ち望んでいたんだ。

長かった・・・長すぎた夜だったよ・・・。
一睡もできなかったよ。


1クリックあると嬉しいっす





| 痔ろう日記 | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://iroriron.blog56.fc2.com/tb.php/775-491b9b0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。