日常ちゃぶ台返し

うん、こ   んな日常。世の中は思っていた以上に適当すぎる。痔ろう入院&手術体験記もあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 痔ろう(痔瘻)日記⑪~入院3日目・手術後1日目

【あらすじ】
いぼ痔もきれ痔も便秘にもなったことがないのに、
痔ろうと診察されて早1ヶ月半。ついに手術の日がやってきた。
不安との闘いの末、手術を乗り越え、一夜が明けた。




【入院3日目・手術後1日目】

6:00
朝の回診がくる。
待っていた。
この時間を待っていたんだよ。


「どうですかー?」


看護師さんが聞いてくる。
ついでに血圧測定と検温もする。


「痛みが・・・けっこうつらいです」


「まかないさん、そういうときはナースコールしてください。痛み止めお渡ししますので」


「起きあがっちゃだめですか?」


「起きあがるのは駄目です。ベッドを起こす分には良いですが、一人立ち上がって歩くのは駄目です」



手術跡も痛いし、ずっと右を下にしていたから右腰骨も痛いし、背中に刺さった針も痛いし。
痛いところだらけだ。

そういやガスたまってきて、トイレ行きたい感じがしてきた。
うーん、朝飯は8時だけどもまだまだ時間がある。
何とか我慢できるかなー・・・と思っていると、ケツにズキューンとくる。
ああ、放屁しそう、というか何か出てきそう・・・。

そういや痛み止めくれるって言ってたけど、まだこないなー。
まだかなー、まだかなー。

そして届くロキソニン
すぐに飲む。胃が荒れやすいので水を多めに飲む。
普段ロキソニンを飲むときはムコスタも一緒に飲んでます。

30分くらいすると、痛みに関しては楽になってきた。
ケツの痛みは。


しかし背中の硬膜外ブロック麻酔の痛みやとかはあんま効かないし、ガスはたまる一方。

これじゃ朝飯前にベッドの上で放出してしまう・・・!

ナースコールに手を伸ばし、看護師さんを呼ぶ。


「どうしました?」


「ガスがたまって・・・トイレにいきたいんですが」



「ガスはどんどん出してしまっていいですよ。けど、トイレへいくのは午前の診察が終わってからにしてください。血圧が低かったので駄目です。もし、どうしてもというのならば、パットしてますのでそこにしていただいても構いません。後で処理いたしますので」


まじかー!
ってことは朝飯食べて。
午前診察までベッドの上ってことか。
てか、ガスはどんどん出していいって言われても痛いし、何か出てくる感じだし・・・。

ちなみに午前診察は10時から11時の間にやってくる。
漏らしてしまうかもしれんな・・・。

(8:00の朝食写真は余裕がなくて撮ってません)


10:30
待望の診察。
左を下にして横になる。
傷口をちらりと見る感じ。特に何もしない。


「うん、大丈夫ですね。綿が付着しているので座浴をしてとるようにしてください」


※座浴は後で説明します。


「歩いてみます?」


その後、看護師さんの手を借りて少しだけ歩く練習。
寝てばかりだったのと、栄養不足の為、足元がふらつく。
めまいもする。くらくら~。
でも顔色が変わる程ではなかった。

久々に感じる歩行。
相当弱っているのが分かる。
何より、背中に刺さっている硬膜外ブロック麻酔が痛い。
こいつのせいで「いてててて」と歩くことになる。

初日に預かっていてもらった座浴用のフロートレイを返却してもらう。

とれい

この青いやつがフロートレイです。
看護師さんから、もう一度座浴についての説明を受ける。

ついにトイレへ行く許可が出た。
出すぞ!俺はガスを出すぞ!!

座る。
そして恐る恐るお腹に力を入れる。
痛み止めを飲んでいるからそんなに痛くないはずだ・・・。

そしてガス放出。


「うおおおおおーーー!」


と二回放出。
ついでに何か出た。

そして慣れない座浴タイム。
な、なんという癒し・・・。
正直、感動した。この癒しの力に。

zayoku.jpg

【座浴について】
この病院のトイレにはお湯が出る蛇口が必ずついています。
40℃に設定されているので火傷の心配はありません。
そのお湯をこの青いフロートレイの中に入れまして、座る。
というもの。
軽くいきむと汚れも取れちゃうわけです。

手術後なので傷もまだまだ痛いし、紙を使えません。トイレットペーパーでごしごしと拭くのは絶対厳禁。
ペーパーで拭くのは座浴後の水気くらいです。軽くパパッと。

ちなみに、この座浴をしながら排便もOKですが、嫌ならば、排便は普通にして、その後に座浴をするという形でも良いとのこと。
僕は座浴と排便は区別したかったので、先に普通に排便して、終わった後に座浴しました。


便器内を除いてみると、なんか白いのが出てた。
これがさっき先生が言っていた綿なのか?
ガスを出したには出したが、まだまだガスはお腹にたまっている。
もう何度かトイレにくるはめになりそうだ。

しかし初めての座浴は慣れない為か、時間がすごくかかる。
同じ病室の人も使うし、終わった後は綺麗にしておかないといけないし。

それにしても、同じ病室の人はもっと早く終わらせている気がするが、僕はまだ倍以上はかかっている。
まあ、初めてだししかたないよね。

座浴が終わった後は、フロートレイを軽く洗う。
床も綺麗に拭く。
便座も綺麗にする。


ここで、装備変更。

許可が出たので、
T字帯からボクサーパンツに装備を変えて、新しいパッドに交換してすっきり。
トランクスはパットがきちんと当たらないので、ブリーフかボクサーパンツという指示だった。
トランクス派だったので、入院のためにわざわざ数枚購入したのである。

12:00
昼飯。
hiru1.jpg

朝は3分粥。
昼は全粥。

それでも充分美味しい。

昼飯食べてからはベッドでごろごろ。
時々トイレへ行ってガス抜き&座浴。

痛み止めも飲む。
水も今日から1日1リットル~1.5リットルは飲まないといけない。
これは毎食後に飲む、軟便剤の効果を出すためらしい。
傷が治ってないのに、軟らかくなかったら・・・なんて考えただけで痛い。


18:00
夕飯。
yoru1.jpg

何と夕飯からは普通の米。
うーん、嬉しい。
嫌いなキノコとか入ってるけど、全部食べました。
自宅よりも豪華な夕飯だぜ・・・。

夕飯後はまたダラダラして21時には消灯。
今日は昨日よりは寝たい。

昨日は一睡もしてないので・・・。


そういえば、20時くらいに夜の回診があるのですが、そのときに看護師さんに聞いてみました。


「この背中にささっている硬膜外ブロック麻酔って外せないんですか?」


「それは明日の午前の診察のときに外せますよ。もし麻酔がもう空になっていても気にしないでください」


「はあ・・・。いや、背中の下が痛くて・・・」


「我慢してください。もしかすると、その麻酔のせいじゃなくて、単純に腰が痛いだけかもしれませんよ。そういう人、けっこう多いんです」


「そうなんですか・・・」



どちらにせよ、今日は外せないみたいだね。
あと1日の我慢。
でも今日は昨日みたいに起き上がっては駄目!ということはないので、少しは痛みに対応できるかなと。


励ましの1クリックあると嬉しいっす





| 痔ろう日記 | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://iroriron.blog56.fc2.com/tb.php/776-0eece9d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。